現場に泥棒が!

ここでは、「現場に泥棒が!」 に関する記事を紹介しています。
昨日、いつものように現場に着いた夫から電話がありました。

ところが、夫は開口一番、

「大変だ!泥棒に入られてる…」

「えっ で…あなたの糊付機は

「俺の機械や道具は無事やったわ。
  俺の上履きが泥々になってたけど…」

「とりあえず、機械盗られへんかったんやったら良かった

とっさに自分たちの持ち物のだけを心配したところが申し訳ないのですが、
職人の夫にとっては、機械やら道具を盗られたら仕事ができません。

それに、現場から道具を盗まれ転売されるとか、車の中から道具を
すっかり盗まれて、全部買い直す費用が無い…なんていう職人仲間の
話を聞いているので、それが一番怖いのです。

「じゃあ、いったい何盗られたん?」

アラウーノかな…俺が気がついた範囲では。
  ちょうど昨日配達されてんな。アラウーノが。だから俺見ててん。
  アラウーノのダンボール箱の上に、照明器具やら他の箱も積んであって、
  それがバラバラに崩されて、アラウーノだけが無くなってるねん」

「商品の転売目的やったら照明器具だって盗っていくやろうに。
  便器だけ持っていったっていうのも不思議やな。」

この電話があったのが、朝7時半ごろだったので、その後の顛末が
気になった私は、

「とにかく、落ち着いたらまた、どうなったか教えてな
  (ブログに書くから…笑)」

と言って電話を切りました。

ところが、あとから話を聞いてみると、


なんと、最初、担当の現場監督が、大騒ぎになるのを躊躇したのか、
警察には届けないと言ったらしいのですね。

夫や他の職人さんたちは、その日の施工のノルマもありますし、

 「犯行現場、そのままにしておかなくていいのかな~

と気にはしつつも、自分たちの仕事を始めたそうです。

で、結局、会社とのやりとりがあったのか、警察が来ることになり、
昼になって、現場検証が始まったそうです。

「俺ら、全員、全部の指の指紋取られてんで~」

「へえ、やっぱり、疑われるのかな~。
  あなた、第一発見者やもんねぇ。」

夫がはじめに現場に到着したので、敷地のゲートが壊されていること、
鍵がこじ開けられ、シャッターが半分あいていたこと、現場に商品の
箱が散乱していたことから、泥棒と気がついたのです。

「ちゃう、ちゃう、逆。
  職人の指紋調べたら、犯人のと見分けがつくやろ。
  それにしても、テレビに見たまんまやったな、指紋取るの。
  なんか、粉みたいなのをポンポンと…」

「あの、耳かきのボンテンみたいなやつね。」

「そうそう。」

ところで、今回の盗難商品については、おそらく現場で保険に入って
いるので補償されるのでしょうが、なんでも、職人さんの機械や道具は、
個人の保険でまかなってくれ、という話だったそうです。

夫は、空き家で長期の現場に機械や道具を置かなくては行けないときは、
毎日、糊付機に脚立やら足場板やらをチェーンでくくりつけ、施錠してから
現場から帰るので、私は「大層な…」と思っていました。

でも、やはり、泥棒は怖いので、守りは大切ですね。
本当に機械が盗られなくて良かったです。

実は、朝現場に着いたら、ある意味、盗難よりコワイことが起こっていた、
という話を夫から聞いたことがありますが、その話はまた次回に…。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/408-97896dee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック