二重に怖い階段

ここでは、「二重に怖い階段」 に関する記事を紹介しています。
今日は、とあるワンルームマンションの空き家へクロスの貼替に
行きました。

ワンルームマンションの場合、夫が職人仲間から請ける物件は、
なぜか、今まで確率的に、エレベータが付いていないところが
多いのですね。

今日は、202号室、とのことだったので、まあ、階段でも
いいや…と覚悟しつつ現場へ。

マンションの前に到着してみると、予想通りの階段。
しかも、階の途中に踊り場のある『折り返し階段』ではなく、
見上げるような『直階段』でした。

kaidan01

まあ、勾配が少し急に感じるものの、よく見かけるような
階段なのですが、このマンションの階段はなんとも怖いところが
二つありました。

一つめが、


階段の踏面、つまり、脚で踏んでいく部分の奥行きがとても浅く、
(測ってくれば良かった)まっすぐ上がると、
靴のかかとの部分が乗り切らないのですね。

ただの上がり下りなら、そう問題はないのかもしれませんが、
私たちは、重たい道具や接着剤の入った一斗缶などを運ばなくては
なりません。

そこで、夫も私も、荷物を抱えたまま身体を横向きにして、
一段ずつ上がったり、ガニ股で階段を降りたり…。

ただでさえ、多い荷物類を何往復したかわかりません。

さらに、この階段の、もう一つの怖いところ。

それは、階段の最上段を上がったところに、間髪をいれず
『玄関ドア』が待機していることです。

kaidan02

つまり、ヨロヨロと急なストレート階段を登りつめ、

『やっと、平坦なところに』と、ホッとしたところで、

もしもタイミングよく、住人の方が玄関ドアを開けられたら、
階段に再び押し戻されかねない、勢いによっては転落
となることです。

幸い、仕事前に荷物を運び上げる時も、仕事が終わって荷物を
下ろすときにも、鉢合わせはありませんでしたが、少し
ドキドキしました。

この位置ではないと、このフロアに取れる住戸の数が一戸減って
しまう、ということなのかもしれませんが、玄関ドアの位置、
新築時には慎重にプランして欲しいものですね。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/413-9b037c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック