携帯が自宅で急に圏外に!?

ここでは、「携帯が自宅で急に圏外に!?」 に関する記事を紹介しています。
昨日の朝、自宅で携帯電話をかけていて、いつもより電波の状態が
悪くなっていることに気が付きました。

我が家の周辺は山の多い場所ですが、普段は部屋の中でもそれなりに
通話ができていますし、前日の夜も普通でした。

ところが、窓際でガラスにへばりつきながら話しても、通話が
すぐに切れてしまい、さらに、部屋の真中に携帯を持って
行くと、今まででたことのない『圏外』の表示がでるのです。

考えられるのは、二つ。最寄の基地のアンテナ工事でもしているか、
携帯電話の不具合かです。

そこで、まずはauのサイトから、アンテナ工事の有無を確認。
大きな工事は入っていないようでした。

そうなると、携帯電話の不具合か?でも、昨日夜までなんとも
なくて、落としたり水に濡らした覚えもないのに、翌朝いきなり
不具合になるのも考えにくい。

とりあえず、auのサポートセンターに電話してみました。
まずは、電源を入れなおしてみることを勧められ、
それでも治らないことがわかると、メンテナンス画面より、
ソフトのアップデートをしてみるように、とのことでした。

アップデートをしても、そのままだったので、結局は
ショップに持って行くことに。

ところが、車を走らせてしばらくたつと、アンテナが
ちゃんと三本ばっちり立ち、通話も支障なくできたのです。

こうなると、やはり近隣の電波を疑ってみたくなります。
そこで、途中で引き返し、同じくauの携帯を使っている
夫の帰りを待つことに。

その間、いちおうネットでも調べてみようと、いろいろな
キーワードで検索をしていると、興味深い話が載っていました。

携帯電話のメーカーによって、また、同じメーカーでも、
機種によって、アンテナの感度が違ったり、Web接続の
速度が違ったりするというのです。

そう言われてみれば、パソコンだって、メーカーや機種に
よって、メモリや速度など違ってあたり前です。
携帯電話といえども、採用しているアンテナや基板に
よっては、同じauの電波環境でも、つながる携帯や
つながりにくい携帯があるということなのですね。

(ましてや、我が家のような山間の電波環境なら…

さて、そうこうするうちに、夫がやっと自宅に帰り、
早速、電波を確認。

夫は私と同じメーカーCASIOの携帯ながら、アンテナ三本が
しっかり立っています。

「え?なんで、お前の、アンテナ一本なん?」

「知らんよ~。同じauでも、機種によって、アンテナ感度が
 違ったりするらしいわ。でも、昨日までは良かったのに。」

「と言うても、もともとお前の携帯、家の奥に行ったら、相手に
 聞こえにくいとか、途切れるとか言われとったやん」

「そう言われてみれば、そうやな

となると、機種変更?少なくとも、夫の機種は家中アンテナ
三本出ます。

「私の、シンプルコースで契約してるから、いざとなればいつでも
 機種変更はできるけど、今年のお正月に買い換えたところ
 やのになぁ」

携帯電話って、つい値段やデザインから選んでしまいがちですよね。
私はCASIOのCA004という機種を使っていますが、カメラ機能を
優先して選んだもの。(現場でいつでも撮れるように)

しかし、昨日ネットでこの機種に関するレビューを読むと、
「カメラ機能で選んだのに、屋外で画面が見えにくすぎる。
 カメラって屋外で使うこと多いはず…」というような
ことが書いてありました。

確かに、外ではとても画面が見にくいのです。撮った写真を
すぐその場で確認しようと思っても、影になる場所を探さなくては
ならないほど。

これだけ携帯電話が多機能で精巧になると、すべてが完璧
というのも難しいのかもしれませんね。

とりあえず、機種変更の前に故障診断のためにショップに
持って行こうと思っていますが、自宅で同じauを使っても、
片方は通話ができ、片方は通話がしにくいという現状は、
どうにかならないものか、訊いてみようと思います。

ところで、今回、携帯電話についていろいろ調べているうちに、
Bluetoothについて知ることとなり、今まで宝の持ち腐れだった
ということが判明しました。次の記事では、Bluetoothについて
書きます♪

※追記
 携帯電話をショップへ持って行き、点検をしてもらったところ、
 「とくに異常はなかったのですが、念のため基板を替えておきました。」
  とのことでした。
 でも、その後は、現象が再現していません。
 やっぱり何かの異常はあったんではないのかな?


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/419-a1390b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック