苦肉の策でキッチンを反転

ここでは、「苦肉の策でキッチンを反転」 に関する記事を紹介しています。
3月11日の東北地方太平洋沖地震、また連日各地で発生している地震により、
被災された方々、ご親戚、知人友人の安否の不明な方々、大変な状況の中、
不安な日々をお過ごしのことと思います。

お一人でもご無事が確認されること、そして、懸命の救助活動、
避難所の方々の救援活動を続けていらっしゃる方々のご安全を
遠方からただただお祈りするばかりです。

私たちにできることは、今は与えられた仕事を一生懸命し、
少しでも多くの義援金につなげられるように頑張ることだと、
主人とも話しています。

さて、仕事の方ですが、大阪府は北摂の私たちは、今週月曜日
ふだんと変わりなく、リフォームの現場に出ました。

今回は、キッチン入れ替えとリビングの内装リフォームの
仕事ですが、翌日に入荷予定だった新しいシステムキッチンが
地震の影響で届かないことが、午後になって判明したのです。

はじめは物流事情で入荷が遅れるのかと思いきや、工場の被災で
システムキッチン商品自体が破損してしまい、さらに、
工場の再稼働のめどが立たないとのことでした。

しかも、お客様には大変申し訳ないことに、私たちはすでに
元のキッチンを解体・撤去してしまっていたのです。

正直なところ、その工場自体が福島県にあったことも知らず、
たとえ、地震の影響で運送に時間がかかり、遅延することが
あっても、商品自体が破損ということは考えてもいませんでした。

さらに、他メーカーのシステムキッチンを新しく手配し直そうにも、
キッチンメーカーさんの工場は茨城から東北方面に多いとのことで、
どちらにせよ、日にちのめどはたちません。

そこで、急きょ、新しいキッチンの代わりに、在庫で倉庫に眠っていた
新古品のシステムキッチンを納めさせていただくことになったのです。

このキッチンは、いつも商品や施工情報交換でお世話になっている
同業の大先輩から、たまたま展示品をそっくり頂戴していたもの。
コンロ・レンジフード・水栓はついていませんが、キャビネットと
ステンレスのカウンターは揃っていました。

さて、問題はここからです。


お客様のところでは、向かって左がシンク、右がコンロとしてすでに
配管工事済み。
ところが、代用キッチンは、向かって左がコンロ、右がシンクです。

配管を代用キッチンに合わせて工事し直す手もありましたが、
新しいキッチンが届いたときに、再度配管をやりなおさなければなりませんし、
住みながらのリフォームで、施工日を伸ばすわけにもいきません。

そこで、苦肉の策で、このように配管をしました。
haikan

元々左側に排水管を立ち上げていたところから右側へ再度排水管を
つなぎました。通常ではありえない、Uターンの配管ですが、
やむを得ずこの納めかたに。

そして、給水・給湯も、元々の配管をフレキ管で延長、
反対側へ持って行きました。
haikan02


ガスの配管については、大阪ガスの施工者さんに事情を話すと、
フレキ管を長めに伸ばし、先端にコックを付けてもらえたので、
これも元の右側から左側へ接続可能となりました。

あとは、今回手前にUターンさせた排水管を隠ぺいするために、
側板を欠きこんだキャビネットを正面の壁に付けて、
ステンレスのカウンターを載せます。


そして、完成したのが、下のキッチンです。
daigae

とにかく、レンジフードとガス台がないので、それらはお客様の
お使いだったものを再利用。レンジフードはともかく、
ガス台がシステムキッチン用の埋め込みタイプでなく、上に置く
タイプなので、カウンター上に置くことになり、非常に使いづらい
高さになってしまっています。
(ちなみに、吊戸棚は今回のプランでは不要とのご希望で、
 いずれにせよ上部はレンジフードのみです)

さて、このような新旧とり混ぜたちぐはぐなキッチンが完成し、

「なんか、寄せ集めで『多国籍軍』みたいなキッチンに、
 なってしまいましたが…」と申し上げると、

お客様は快く、

「新しいキッチンが届かない、入荷のめどがつかないって聞いたとき、
 最初はショックだったけど、ガスやお水が使えるだけで
 有りがたいから、これで十分。

 あとは、ガス台が高くなってしまったところに踏み台でも
 作ってもらえれば、『踏み台昇降』にも使えるし♪」

と、言ってくださいました。

さて、今回のお客様、ショールームでじっくりご覧になり、
クリナップさんのシステムキッチンを大変気に入って、
プランをお決め下さいました。

クリナップさんのサイトによると、工場の被災とともに、
社員さんやご家族にまだ安否のわからない方もいらっしゃるそうで、
大変な状況ですが、ふたたび、社員さんがそろわれ、
晴れててクリナップさんのキッチンをお迎えできる日が来ますことを、
お客様と一緒にお祈り申し上げます。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
 
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/449-4ce1890b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック