本当にできちゃった!

ここでは、「本当にできちゃった!」 に関する記事を紹介しています。
今回は、まったくリフォームと関係のない話です。
でも、つい書いてみたくなりまして。

目の前の空に浮かんでいる「雲を消す」ことができる、
という話を聞いたことありますか?

だいぶ前にテレビの番組で、「雲を消せるおじさん」が
紹介されていて知ったのですが、その時は「うそやろ~」と
思っていました。



そのおじさんは、空の雲を指差し、
「あの部分を今から消します」とか言って、
念を送るようなポーズと言葉で、
確かに消したのです。

でも、
「テレビなら編集でなんでもできるやろな~」
と、わたしはなんとなく信じませんでした。

しかし、書名は忘れたのですが「潜在意識」に関する本を読んだとき、
その著者が主催するセミナーで参加者に向かって、

『この中に雲を消せる人がいますか?』ときくと、

「結構な数の人が手を挙げるので、さすがだ」というような話が
書いてあったのです。

「へぇ~。雲って消せるのかも…。
 霊やUFO(?)が見える人なんかにはできるのかな?」

とふと思いました。

それなら、我が家は能勢町の大自然の中。
空に囲まれているので(笑)雲ならいくらでも見られる。
一回試してみようと思いつつ、しばらく忘れていました。

そして、今日。

「台風一過で空も晴れたなあ~」と思いながら見上げていて、
ふと「雲を消す」話を思い出したのです。

とりあえず、半信半疑ながら雲の端っこのちょっぴりはみ出した部分で
試してみよう、と雲をひとつ選んで見つめてみました。

たしか、中谷彰宏さんが
「スプーンを曲げるときは、『曲がれ、曲がれ』じゃなくて、
 『曲がる、曲がる』と念じなくてはならない。
 曲がれ、というのはスプーンは曲がらないという先入観があるが、
 曲がる、というのは当然曲がるものという意識になるから」
というようなことを本に書いていらっしゃったな、と思い、

雲を見つめながら、

「消える、消える、だんだん薄くなって、後ろの空が透けて見える…」

とイメージしてみました。

すると、
3分から5分くらいかかったでしょうか、
徐々に薄くなって、本当にその部分だけが消えて見えなくなったのです。

「うそっ、本当に消えた…」

疑い深いわたしは、
「雲のはじっこだったから、もともと消えるとこだったのかも」
と思い、別の小さな薄い雲を選びました。

今度も、数分「消える、消える…」とやっていると、

「また消えた…」

「いや、今度もまぐれかも…。」

次は、すこしはっきりした大き目の雲を選び、
はじめは「これは無理やろ~」と思いつつ、
念じていると、また消えたのです。

こうなると、なんかうれしくて、
今日に限って早仕舞いで、明るいうちに帰宅した夫にもすかさず報告。

「どれどれ…。そんなら、あの雲消してみ。」

夫が選んだ犬の頭の形に見える雲の、「口の部分だけを消せ」
というので、その少しでっぱったところに
「消える、消える…」をやると、またしても消えました。

夫は、「ちょうど消えるタイミングやったんやろ」と半信半疑でした。

そこで、わたしは早速ネットで検索。
「同じこと試した人は必ずいるはず…。」

そう、ありました。「雲を消す」で検索すると、
雲を消して遊んでいる人は結構いるらしい。

なかでも「そんなん常識ですよ」と言わんばかりの
このページを見て、やっぱり本当なんだ、と思いました。

でも、これって、
糸の先に重りをつけて、片手で持ち、
「右に回れ」と念じると、重りが右回転し、
「左に回れ」と念じると、重りが左回転する、
というのと同じようなものかなと思いました。

(この糸の実験も誰にでもできて、やはり
「無意識に自分で回しているんだろう」といわれていますが)

この話を聞いて、ひとりでも空を見上げてくださったら
うれしいですね。たとえ雲は消えなくても…。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



↓「できちゃった」方で、興味をもたれた方はこの本おすすめです。
 この本の著者はモンブランの雲海を動かしたそうです秊

 (「マーフィーの法則」の好きな方ならとっつきやすいかな?)

自在力―呼吸とイメージの力で人生が思いのままになる (サンマーク文庫)
塩谷 信男
サンマーク出版 (2004/04)
売り上げランキング: 54041
おすすめ度の平均: 4.5
5 出会えて良かった。
5 効果実証済みの呼吸法!
4 今日から実践します




 


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/46-60a35669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック