掃除機が○○できるってご存じでした?

ここでは、「掃除機が○○できるってご存じでした?」 に関する記事を紹介しています。
私は仕事がらいろいろな種類の掃除機を使うことが多いです。

仕事がらという前に、私の妹が大の『掃除好き』。
掃除機をかけすぎてモーターが消耗するのか、買い換えることが多く、
「まだ使えるやん~」というものを、毎回工事現場用にともらい受け、
そのまま家で使ったりもしています。

その中で私なりに感じたことは、掃除機は吸引力はもちろんですが、
できればより軽いもの。
そして、現場用の消耗品として、たとえ安いグレードを買うにしても、
ホースだけはしっかりしたもの、ということです。

妹からのお下がりの中には、ヘッドの中にゴミを掻きだすローラー、
それにホコリセンサーがついていて、ゴミを吸うにつれて
ランプがオレンジとグリーンに代わり、やたら達成感(?)のでるモノも
ありました。
ただ、ヘッド~ホースまでが重く、カーペットなどを長くかけていると
手にマメができそうだし、掃除機を出すのがちょっと億劫に。

逆に、ヘッドもホースもシンプルな造りで軽いものの、ホースの
中によくある巻いたワイヤーの補強が入ってなくて、かけている
うちにホースが吸引力で真空状態になるのか「ゴーっ」といいつつ
ねじれて縮んでしまうものにはイライラ。

今は、ホームセンターで現場用にと買った、吸引力はしっかり、
造りはとってもシンプルなコンパクトなものを家でも使っています。

ところで、現場で時々お客様の掃除機をお借りすることがありますが、
意外と知られていない掃除機の機能(?)に、


「掃除機は立つことができる」というのがあります。

こんな感じですね。
soujiki01

立つっていう表現はおかしいかもしれませんが、
とにかくホースつけたままコンパクトに立てておくことができます。

掃除機の種類にもよりますが、たいていは、ヘッドの近くのパイプに
このようなフック?(引っ掛ける部分)がついていて、
soujiki02


掃除機本体には、受ける部分がついています。
soujiki03


で、こうと。
soujiki04


お客様にお借りした掃除機を、この形に立たせてから
「ありがとうございました!」ってお返しすると、

「えっ?こんな風にできるんですか?」ってびっくりされる

ことがあるのですね。

まあ、私のように家で掃除機を使った後で、この形のまま
キッチンの隅に置いておくとか、物置部屋のドアの裏に
立てておく、ということをせず、毎回ちゃんとバラバラにして
カゴや物入れにしまう、ということをされていると不要でしょう。

でも、この形にしておくと、コンセントにさせばすぐに使えるので、
掃除機をかけるというより「出してくる」のが億劫な私としては、
いつでもこのようにスタンバイしてもらっておくのが大事なのです。

(それに、掃除の途中でちょっと置いておく、という時も
 「出しっ放し」感が目立たない…笑)

先日も、たまたまお借りした掃除機、掃除機を立たせようと思ったら、
フックのついたパイプが手元に、ヘッドの近くにはフックのついていない
ほうのパイプが差し込まれていました。

そこで、私はフックのついているほうのパイプをヘッドのそばに
差し替え、掃除機を立たせて部屋に置いておきました。

「うん。やっぱりこう立てたらスッキリするわ♪」

 (余計なお世話だったかも)

ところで、これだけ掃除機についてどうこう言いながら、
「あの」ダイソンの掃除機はさわったことも、使ったこともないんですね。

買ったという友人に聞くと、

「この掃除機でかけた後は、カーペットの色まで変わる感じ♪」

と大絶賛でしたが、それだけ吸引力があったら、カーペットに
吸いついて重くないんだろうか…とそっちが気になる私なのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/465-41edc9e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック