内装職人はツライよ

ここでは、「内装職人はツライよ」 に関する記事を紹介しています。
以前にも、ホームページの方で書いたことがあるのですが、
内装職人のつぶやき(ぼやき?)』ご参照
いろいろな職種の集まる建築現場で、工程の最後に加わることの多い
内装職人ならではのツラさというのがあります。

例えば、新築の一戸建ての現場に、夫とクロスの下請け(の孫請け)に
言ったときのこと。

施主さんは若いご夫婦でしたが、その日は、お父様がひょっこり
現場を見に来られたのですね。

スーツ姿であたりを見回しながらいらっしゃったので、私はてっきり
ハウスメーカーの会社の方かと思ったのですが、夫の顔を見るなり、

「掃除ちゃんとせんかい!こんな粉だらけで…監督どこや!」とお怒りに。

パテをケレンしたあとの床に落ちた粉を見て、掃除ができていないと
思われたみたいですね。

石こうボードの継ぎ目に施すパテは、下塗り、上塗りとあって、
下地に応じてパテを繰り返し、それぞれをケレンしてから、
次の作業に進みます。

クロスを貼る前にはもちろんその部分の掃除をしてから貼りますが、
どの部屋から貼っていくかの順番にもよりますし、すべての部屋の
掃除を先に終えてクロスを貼り出すとは限りません。

夫の言い分はこうでした。(そのお父様に言い返したのではなく、
私へ言ったことにはですよ…笑)


「一日の終りには、道具も片付けるし、ある程度ゴミも片付けて、
 掃除してから帰るやん。
 掃除しながら施工しろ、って言われても無理やわ。

 だいたい、俺らが現場入るときなんか、前に入ってた木工事の
 余りの材料が置いてあったり、出たゴミや切りくずもそのまんまのこと
 多いやろ。まあ、すぐ次の職人(俺らやな)が控えてるから、
 慌ただしく引き上げることになるんやろうけど。

 でも、内装職人だけ、クロス貼り終わったら全部掃除して帰れとか
 言われるんやで。不公平やんなぁ。

 リフォームでも、貼りたての新しいフローリングの養生を
 続いて現場に入ったクロスの職人にさせるところあるし。
 フローリングの養生は監督か工務がするもんやろ。

 掃除やらゴミ、材料の片付けって、元請けの工務なり監督なりが
 本来は動かなあかんのとちゃうんかな。

 新築でいくらクロスの工程が最後やからって、
 『掃除は内装職人!』ってなあ。
 このあいだもな…」

夫の職人仲間が、何人かで、とある新築現場にクロス施工に入ると、
ブロックか石か何かが入った重たい土のう袋が積んであり、
それを外に運び出せと監督に命じられたそうです。

職人さんは、多少厳しい扱いをされたり、命令があっても、顔で笑って
心で泣いて(?)いや、苦笑いか…元請けさんや現場監督をたてるもの
ですが、その日は、ある一人が反抗したそうです。

「俺は運べへんで。
 こういうゴミは、施工した職人か作業員呼んで運ばせるべきやろ。
 なんで、関係ない俺らが運ばなあかんねん。」
(軽いものならまだしも、けっこうな重労働になる量だったそうです)

そこで、監督は逆ギレ、

「こんな職人よこしたん誰や!」と、内装の手配業者に怒号を浴びせると、

その担当者は、思わずお詫びモード。

ところが、そばに居合わせた職長が、

「でも、この子の言ってること間違ってないと思うで。」
 
と思わぬ助け舟を出してくれたそうです。

夫が、もしその現場に入っていたら、しぶしぶながら、
土のう袋運びをやっていたとは思いますが、やはり、本音は
反抗した職人さんと同じでしょう。夫曰く、

「ゴミの運搬でも材料だしでも、人呼ぶ経費を減らしたいんやったら、
 その分自分たちで、元請け側が動かなあかんわな。

 何でも現場におる職人使ったらいいっていうのは違うやろ。
 経費やの人員やの事情があるなら、せめて、協力して欲しいって
 いう気持ちで接してくれたら俺らも動くけど、頭ごなしやとなぁ。」

大人数の職人が入る新築の現場(とくにマンション?)などでは、
元請けさんも管理がしきれないのか、まるで軍隊みたいやとか、
職人が人間扱いされてへんで、というのは時々聞きますが、職人さんが
気持よく働くためのモチベーションは、なるべく下げない方向で、
接して欲しいものですよね。

ところで、先日施工に伺った先の、ご年配の奥様がおっしゃってました。

「私の母は、『挨拶や言葉かけには一銭もいらん。惜しまず、
 どんどん人に差し上げること。』と言って、道ですれ違う、
 知らない人にまで挨拶や会釈をしてましたわ。
 私は、知らん人にまではようせんけどね。」

本当に、同じ内容でも、言葉の使い方や表情で、気持ちよく
受け取れたり、ちょっとムッとしたりってありますよね。

まあ、元請けさんの言葉が態度が…といいながら、職人さん側も
挨拶が苦手で内気だったり、ブアイソに見える方もいらっしゃるので、
お互い気をつけなくてはなりませんが。

…と言いつつ、我が夫の場合。

「知らん職人ばっかりいる現場に入っていく時あるやん。
 俺は普段よりわざと大きな声で挨拶すんねん。

 最初に挨拶しといたら、後で話しかけやすいし、
 一日気持ちいいやろ。

 でも、いろんな職人おるで。
 笑って、挨拶返してくれる人もおれば、 
 こっち見んと、もそっという人。
 
 中には、無視するヤツもおるし。
 そんな時は、俺、その人の側まで行って、
 耳元で、
 『おはようございますっ!』て言うたるねん。
 
 あれ、聞こえなかったのかなって…笑。」

(それは、ちょっとしつこいけど…。)

まあ、他職種、いろいろな人が協力して創り上げる現場、
コミュニケーションは大切に!ですね。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/474-fafdf778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック