換気扇が原因だった…

ここでは、「換気扇が原因だった…」 に関する記事を紹介しています。
先日、夫の内装職人仲間から聞いた話です。

とあるワンルームマンションで、トイレの天井クロスを貼り替えていた時、
その職人さんは妙なことに気が付きました。

「換気扇から風が吹き出して来てる!?」

本来は、天井についている換気扇の表面のカバーを外して、クロスを
貼ろうとすれば、換気扇の部分はクロスが吸われる感じがするもの。

それが、クロスがこちらに押し出される感じがしたというのです。

どうも、おかしいと思い、換気扇に手をかざすと、明らかに風が出てきている。
結局、その職人さんが確認したところ、ユニットバスに二室用換気扇
(親子換気扇とも呼びます)の本体(親)が、トイレには吸込みグリル(子)
がついていたものの、ダクトの接続を間違えていたそうなのです。

二室用の換気扇の形状は下のようなものが代表的です。
パナソニックのWebカタログサイトからお借りしました)

本体
nishitu

吸込みグリル
guriru

仮に、本体をユニットバス天井に設置した向きで、本体から突き出たパイプ部の
左側が空気の吐き出し側とすると、右側が吸い込み側となりますので、
右側にトイレの天井の吸込みグリルに接続したダクトを差し込みます。

ところが、


この現場では、言うならば、吐き出し側のパイプをトイレからのダクトにつなぎ、
吸込み側のパイプを、屋外への空気の出口側のダクトとつないでいたのです。

なんでも、このワンルームマンション、今までに、トイレのクロスが
カビるとクレームが何度もあったそうで、今回も、クロスの貼り替えでした。

つまり、夫の職人仲間が今回気づくまで、ユニットバスの湯気を
せっせとトイレに送っていたということに、誰も気がつかなかったと
いうわけですね。

ワンルームの賃貸なので、住人の方も入れ替わるし、
学生さんだったりすると、コマメに換気扇回されたりはしないのかも、
などと安易に考えていたらびっくりですよね。

ちなみに、その換気扇の製造年はマンションの新築時のものだったそうで、
それなら建てられた当初から間違ったまま取り付けられていた、
ということになります。(しかも相当無理した接続でダクトも
ひしゃげていたとのこと…)

二室用でこんな間違いを起こすようでは、下のような三室用だったら、
どこからどこに風を送ってしまっていたことでしょう…
sanshitu


他にも、マンションの天井埋め込み換気扇ネタ?としては、

結露がひどすぎると思っていたら、換気扇が音はするものの、
故障していたとか、

親子換気扇で「子」の吸込みがほとんどなかった。
(ホコリが詰まっていたり、風量調節板のアンバランス)

ということも聞きます。

とくにトイレは、トイレットペーパーを使うので、細かいホコリが
びっしりとルーバーなり、本体のファンについていることがあります。

他に、親子にすると、複数の部屋の空気を吸わなくてはならないので、
一室用のものより風量の多めのものを選ぶ必要がありますし、
ダクトが経路上曲がったところがあると、抵抗を生じて
能力が発揮できないので、やはり風量を考慮しなくてはならないところ、
通り一遍の機種が取り付けられていることもありえます。

また、換気扇は、いくら能力の大きい物を取り付けても、
家の中で空気の取り入れ口がないと、いわゆる負圧になってしまい、
効率よく換気扇が働きません。

大事な機能を持ち、毎日使うものながら、あまり目立たない換気扇ですが、
ちょっと変だな、と思われるときは、ご確認をおすすめします。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/478-b516ac4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック