便器の取替えはどこを見る?

ここでは、「便器の取替えはどこを見る?」 に関する記事を紹介しています。
先日の記事で、私が見積もりをするときに一番頭を悩ませる?のが
便器だということを書きました。
(『じゃあ、ネットで買ってください』ご参照)

頭を悩ませるというか、気を遣うというか、緊張するというか…
とにかく、下見時のミスによる"落とし穴"が怖いのが便器なので、
今日は、自分のためにも、もう一度、品番特定の仕方についてまとめておきます。

実は、数年前からホームページの方で、下見や見積もりの初心者の方へ
ご参考になればと、『見積もりマニュアル』をPDFで作成、
オンライン販売させて頂いています。

この中に、私がリフォーム超ビギナーのころ、下見や見積で漏れのないように、
チェックシートの形で自作し、実際に使っていたものを何点か載せています。

久しぶりにトイレのページを見ると、今は当時より便器や温水洗浄便座の
仕様や設置状況が多少変わってきています。

そこで、今日の記事の中で、自分用のメモとしても、
そのあたりをまとめておきたいと思います。
(ここでは、あくまで、便器の品番特定についてです。
 マニュアルでは内装も含めたチェックシートにしています。)

まず、トイレの下見の手順ですが、


①便器の排水方向を確認する。

 排水管が便器の後ろに付き出していて『壁排水』になっているか、
 または、排水管が便器の真下に抜けている『床排水』なのか。

 これは、ひと目で判断できることなので、メモしておきます。


②排水の位置を測る。(推測する)

 『壁排水』で、排水管が便器の真後ろの壁に抜けているようなら、
 床から壁に貫通している部分の排水管の中心までの高さ
 (排水心高さと呼ぶ)を測ります。

 11


 『壁排水』で、排水管が便器の後ろで90度に曲がり、トイレ内の縦管や
 便器の左右のどちらかの壁に抜けている場合は、その90度に曲がった
 あたりの高さを測ります。(この場合も排水心高さと呼びます)

 12

 なお、私は、いずれの場合も、便器と排水管の接続部の床からの高さも
 測る
ようにしています。

 便器の品番特定の場合は、設計資料集などを見て、排水心の高さが合って
 いるか確認しますが、実際の便器が資料どうりの位置についておらず、
 排水管の勾配が多少違う場合もあるからです。

 設計資料集では、壁際や90度折れ曲がり部の排水心の高さは数値が
 載っていますが、便器との接続部分の高さは載っていません。

 上記のような場合は、自分で図面の縮尺上計算して数値を出し、
 現場と商品の排水心の高さが合うかどうかを判断しています。

 詳しくは、TOTOINAXを初め、メーカーさんがオンライン
 カタログの中に、設計施工資料集、工事図面集といった形で
 掲載されていますので、ご参照下さい。

 『床排水』の場合は、排水管は床下にあるので見えません。
 タンクの表面か便器の足元(左右どちらか)に品番のシールが貼って
 あれば、その品番を元に、TOTOでは『修理施工ナビ』、INAXなら『いいナビ』などで
 検索することができます。

 ちなみに、TOTOの便器で、古いタイプの便器は
 床に固定するキャップの大きい方の位置が排水管の位置と一致する、
 と昔メーカーさんに聞いたことがあり、現在の品番がわからない
 場合は参考にしています。

 07
 (この写真なら後ろのキャップの方が大きいので、便器の真後ろの
  壁からこのキャップまでの寸法が排水心の寸法だと推測できます。)

  なお、床排水の便器で、キャップが一個の場合も、キャップの
  位置が排水管の中心、つまり排水心だったことがあります。

  ただし、修理などでキャップを取り替えている場合もあるかもしれ
  ませんので、この目安だけを過信せず、外観など他の条件から
  排水心を判断するようにして下さい。

  
③給水の止水栓の位置を測る。 

 これは、床からの高さや壁からの寸法を測っておきます。
 
 現状がもし隅付タンクの場合、止水栓が便器の真後ろ上方に
 ついていることがあり、もしタンク密結型の便器に取り替えた場合、
 タンクが干渉する場合があります。
 最近人気の温水洗浄便座一体形の便器なら、タンクはありませんが、
 念のため便座のフタが当たらないかどうかも確認が必要です。

 05

 なお、止水栓の位置によっては、新しい便器の給水ホースが
 届かない場合があるので、その場合は、止水栓を移設するか、
 延長ホースを買い足す必要があります。

 また、TOTOなどでは、機器を傷めないために、フィルター付きの
 止水栓が商品に同梱されており、必ずその止水栓を使うようにと
 指定されている場合があります。

 その場合は、位置を替える必要がなくても、止水栓自体は交換
 したほうが良いと思います。(メーカー保証を受けるためにも)

 ちなみに、止水栓を移設したくても、古いマンションなどでは、
 止水栓がコンクリートの壁に取り付けてあり、壁の内部で移設する
 ことができない場合があります。

 その場合は、壁を新たに手前に作り、その中で配管を行い、
 止水栓を移設する、という方法が考えられますが、排水管の位置も
 ずれてくることになり、トイレのスペースの制約もありますので、
 実際は動かせない、ということがあります。


④コンセントがあるかどうか

 温水洗浄便座(または暖房便座)の普及率からいうと、トイレ内に
 コンセントが無い、というパターンは減っているとは思います。

 まれに、洗面所のコンセントから延長コードで引っ張っていたり、
 露出の配線でコンセントを設置してあったりします。

 トイレリフォームと同時に、壁に隠ぺいしたいといったご要望が
 ないか、お客様に確認が必要です。


⑤トイレ内、部屋の寸法を測る。 

 最近の便器はバリエーションが多く、便座も昔より大きくなっています。

 便器を取り替えることで、便器の先端から向の壁までが狭くなる場合は、
 どのくらい狭くなるかを、お客様へお伝えしておくのが望ましいので、
 後から設計資料などで確認するためにも、部屋の寸法は必ずメモします。


⑥トイレ内の縦管に注意。 

 マンションの場合ですが、トイレ内に縦管がある場合、
 排水心の高さや位置だけで品番を選ぶと、タンクが縦管に干渉する
 場合があります。

 タンクの中心から縦管まで、どのくらいスペースがあるのか、
 必ず測り、新しいタンクが干渉しないかを資料集から確認します。

 (例えば、TOTOでは、こういった場合向けの便器があります。
  『マンションリモデルトイレカタログ』のピュアレストMR
  ご参照…2011年6月現在です)


⑦必ず写真を撮る。

 最後に、必ず写真を撮ります。
 この時、便器やタンクだけでなく、止水栓、トイレ空間全体や、
 ドア、ドアの下の敷居部分、巾木なども写るように撮っておきます。

 これは、後で内装工事の見積りにとても役立ちますし、現在の
 便器の品番が特定できないときに、外観の特長から判断する
 のにも役立ちます。

 (例えば、TOTOなら『見つかるくん』、INAXなら『いいナビ』から
 外観や寸法を頼りに、品番を推測することができます。)

 なお、写真さえ撮っておけば、「あれ、床排水だっけ壁排水だっけ?
 メモし忘れた…」という場合も、セーフです。(笑)

 (例えば、タンクの品番だけシールから控えてきて、タンクと便器は
  たいていセットになっているので、『これで便器も特定できる』と
  安心していたら、排水方向をメモしてなかった。
  いくつか現場が重なったときは覚えていない…なんてことがありました。)


以上、ざっと下見の手順といいますか、必要な項目をまとめました。

便器だけでこれだけありますが、他に、温水洗浄便座も機能の違いで
オート洗浄はできるけど、オート便フタ開閉はできない、
温風乾燥や脱臭がついているかなど、バリエーションは多々あります。
(しかも、タンクと洗浄機能を連動させるため、便器とタンクの
 セットごとに、温水洗浄便座の品番が変わる場合も)

お客様のご要望をきちんと確認しておかないと、後から
『欲しかった機能がついてない』といったクレームにつながると
困りますので、ご注意下さい。

まあ、これだけのプロセスがあるので、簡単に品番が特定
できる場合はラッキー♪ですが、この手間のかかる部分を元請けさんに
無視?されると、

じゃあ、ネットで買ってください』と申し上げたくなるのですね。

それはともかく(笑)、トイレは金運アップにつながる(トイレの神様☆彡)
大切な場所です。
掃除がしやすく、清潔感があり、機能的で素敵な空間にしたいものです。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
めちゃめちゃ勉強になった!
2012/04/14(土) 09:06 | URL | まるまるもりもり建材 #-[ 編集]
コメント頂きありがとうございます。
私の記事はつい長文になってしまい、読みにくいと思いますが、
お役に立てるように頑張ります。
2012/04/14(土) 22:48 | URL | iegasuki(tanegasuki) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/486-c2e25d44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック