手作り乳酸菌にハマってます

ここでは、「手作り乳酸菌にハマってます」 に関する記事を紹介しています。
震災以来、私がネットで閲覧するブログやサイトのカテゴリ?に
大きな変化が現れました。

今までは、ほとんど訪れていなかった、政治や経済系のブログにも目が留まったり、
原子力発電所や地震、放射能にまつわる記事を念入りに読んだり。

ところで、一進一退といった感じに見える福島第一原子力発電所ですが、
関西在住の私にとっては、福井県の『高速増殖炉もんじゅ』の方が近く、
動向が気になる存在です。(下記サイト記事ご参照)

 "福島原発以上に危険性のある高速増殖炉『もんじゅ』で今起きていること"

そこで、小出裕章先生の新刊を読んで、原子力発電について調べたり

原発のウソ (扶桑社新書)
小出 裕章
扶桑社
売り上げランキング: 5

放射線対策の情報をネットで探したりしています。
(下記サイトは一例です。ポイントが箇条書きで見やすいです。)

日常生活でできる放射線対策

正直、関西で暮らしている私としては、とくに、窓を開けない、
雨に決して濡れない、洗濯物を外に干さないといったことは、
実践しておりません。

もしも、『もんじゅ』でなにかが起これば、かえって
上記の対策だけではどうなのか、その時はその時…
覚悟を決めるしかないかも、とも思ってしまいます。

そこで、普段からスピリチュアル本に目を通し、人間の潜在意識のパワーを
信じる私のこと、小林正観さんが著書に書いていらっしゃるように、


『私の身体は放射性物質を取り込んでもびくともしない!』 といった、

「信念で身体を変える?」作戦を取り入れようと思いました。

(小林正観さんが、著書で書いてらっしゃったのは、放射性物質でなく、
 人工添加物とかそういうものだったのですがね。

 食べ物にそういったものが含まれていないかヤキモキするより、
 "私の身体はそんなものを食べても全然平気。影響を受けない"と
 心底から信じられれば、そうなれる、
 といった内容だったと思います。

 心底からっていうのが、実は難しいんですけどね…
 人は不安を抱えやすい生き物のようで。

 妹から借りた本に書いてあったので、うろ覚えですみません。)

ただ、自分の信念のパワーといっても、そう簡単に過信できませんよね。

そこで、震災後に知った、飯山一郎氏の「米のとぎ汁からタダで作れる乳酸菌」の
パワーで、放射能に負けない身体づくりに取り組んでいるところです。

私は、飯山氏のホームページツイッターで断片的に語られる
「米のとぎ汁から作る乳酸菌の作り方」を参考に、数回チャレンジ。

最初は失敗続きでしたが、飯山氏のツイッターにぞくぞくと寄せられる
フォロワーさんへの、飯山氏の回答により、失敗の原因が
「自分が精米日の古い米を使っていたせい」だとわかりました。

(震災後、ちょっと不安になって、お米を一袋余分に買っておこうと
 した時、精米日が一ヶ月前だからと安売りしていた米だったのです。)

そこで、その後は、米の一番とぎ汁に少量の粗塩、黒砂糖を加えて
数日室温で放置、というシンプルなやりかただけで、乳酸菌(溶液?)
づくりは簡単にできるようになりました。

飯山氏ご自身がツイッター上でご紹介なさった下記のサイトを
見ますと、作り方から活用法までとても詳しく載っています。

米のとぎ汁で乳酸菌を培養する

『月刊 現代農業』でも乳酸菌の活用について巻頭特集が組まれたようです。
サイト上でも作り方が紹介されていました

初めは、「米のとぎ汁乳酸菌おいしい♪」なんて飯山氏のフォロワーさんが
ツイートしてらっしゃるのを「うそでしょ~」と思っていましたが、
(はじめのころは糠のようなニオイ?が多少気になったので)
今では、「ウマー♡」といいながら飲んでいます。

味は、お酢の飲み物というか、梅っぽい味といいますか…

きっと私が一度作ったら、たまに黒糖というエサ(笑)を放り込むだけで、
放置しているのでどんどん発酵が進み、酸味が増しているのでしょうね。
(買ったキムチが数日経つとちょっと酸っぱくなるのと同じらしい)

最近は、放射能対策というよりも、健康のために『米のとぎ汁乳酸菌』
づくりを楽しんでいます。(捨てちゃうものからタダで作れますしね~)

ちなみに、私はペットボトルに作らずに、市販の麦茶入れみたいな容器を
使っています。
nyuusankin01

乳酸菌液はきちんと菌が発酵していれば、常温で腐らないそうですが、
液の表面で空気に触れる部分だけは、空気中の菌の影響か泡のような
物が浮いてきます。(ちょっと変なニオイもする)

このような口の大きな容器を使っていれば、その不純物は簡単に
すくって捨てられるのですね。(飯山氏なら飲んじゃうみたいですが…笑)
で、すくった後は、また溶液を飲んで「ウマー♡」

これは、チャレンジしだした初めのころの写真。
牛乳を加えて作ったときは、途中にこのようにモワッとすごいモノが
出現し、まさに生きている!といった感じでした。
nyuusankin02

なお、米のとぎ汁乳酸菌について、もともとは飯山氏は、
空中から呼吸で肺の中にはいった放射性物質を、
米のとぎ汁をスプレー吸入することで痰として体外に出す、
という使い方を紹介されていました。

そのうちに、とぎ汁作りに成功した方々が、
飯山氏のサイトやツイッターでのやりとりを通じて、
せっせととぎ汁を仕込み、『乳酸菌と豆乳をブレンドして作ったヨーグルト』や
『乳酸菌入りマッコリ』など、どんどんレパートリーを増やしたり、

悪臭対策に生ごみにスプレーしたり、園芸に使ったりと
どんどん活用され、飯山氏もびっくりの広まりぶりと
なったようです。

しかし、その一方では、「米のとぎ汁の乳酸菌など効果ない」とか
「デマ」だとネットで書きこむ人もいて、まあ、このようなものは、
『信じるものは救われる』で、あくまで、ご自身の感覚で
やってみるか、やめておくか判断されたらよいかと思います。

ただ、空気中の放射能の汚染があまりにも心配だったのでしょうか、
この乳酸菌の溶液を、ハンドスプレーでなく、加湿器のようなものに
入れて何時間か吸入された方が、ご家族で発熱した、といった
ケースもあったようで、体調や個人的な合う合わないには
注意が必要かもしれませんね。

まあ、このおかげもあって、私はお米をとぐのが最近は
楽しくてたまりません。

ご興味のある方、ぜひ、チャレンジ下さい。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/489-77d48f0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック