宇宙は真空を嫌う

ここでは、「宇宙は真空を嫌う」 に関する記事を紹介しています。
夫が、とある職人仲間の応援の仕事に行った日の話です。

夫同様、内装職人としての仕事に飽きたらず(?)、多能工として
フローリング工事やキッチン組み立て、給排水や給湯の配管工事なども
手がけている彼。

夫は、彼と会えば施工や道具にまつわる情報交換、現場での経験談など、
いつも話がはずみ、大いに刺激を受けて帰ってきます。

ところが、その日の彼は、いつになく元気のない様子。
聞いてみると、ある元請けさんとの関わり方にちょっと疲れてしまった、
とのことでした。

職人さんは、「社員」になることはあまりなく、複数の元請け(上請け)
さんとお付き合いしながら、仕事を単発で請けることが多いものです。

ですから、相手先によって、ひと月のうちに結構な数の現場を請けること
もあれば、月に一、二回、または数カ月に一度、といった場合もあります。
(マンションの新築現場などでは逆に、数週間同じ現場に通い続けることも)

毎日必ずどこかの現場仕事でスケジュールが詰まる、とも限らない
職人の立場としては、しょっちゅう仕事を言ってくれる得意先は、
とても有り難い存在です。

ただ、同じ得意先の仕事ばかり重なって、他の得意先の現場を
断っていると、いざ先の仕事が途切れた時に、他の得意先からは
声を掛けてもらえなくなってしまう、ということがあります。

理想は、得意先がたくさんあって、まんべんなく、仕事を言ってきて
くれることなのでしょうが、そうは問屋が降ろしてはくれないようです。

彼の場合、どうも


仕事量が比較的多い得意先が、最近、無理を言ってきたり、値段などの条件が
合わなくなってきたので、内心は取引を辞めたい。

でも、全体の仕事が減るかと思うと不安になり、しぶしぶ続けている状態、
とのことでした。

そこで、夫は、

「"宇宙は真空を嫌う"らしいで。
 
 もし、その得意先と取引やめても、その抜けた穴の分は
 ちゃんと他の得意先ができて、詰まるようになってるねんて。

 だから、嫌々仕事するより、思い切って辞めてもいいんちゃう?」

と励ましたそうです。

家に帰ってから、夫は私に、

「おまえ、前に、そんなこと言ってたよなあ。」と言うので、

「うん。"宇宙は真空を嫌う"ね。どの本に書いてあったんだっけ。

 洋服が欲しかったら、何年も着ないでクローゼットにしまいっぱなしに
 なってた服を捨てれば、その宇宙の法則で、いつのまにか新しい服で
 クローゼットが満たされる、とかね。」

私は自己啓発やスピリチュアル系の本を読むことが多いので、
いわゆる『引き寄せの法則』や『手放す⇒満たされる』という話は
いろいろな本で目にします。

でも、今回の例みたいに、顧客リストから苦手なお客様を削除しても、
ちゃんと新しいお客様が現れるって、どこかで読んだよな…。

ありました。

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
神田 昌典
フォレスト出版
売り上げランキング: 394

今やマーケティング本の定番!?
神田昌典氏の『非常識な成功法則』のP180~181にありました。

 "顧客リストは真空を嫌う

 殿様セールスをやった場合、つまりお客を断ると、
 本当にお客は減るか?
 現実には、お客を断ったとたんに、もっといいお客が現れる。
 
 (中略)
 
 なぜなら、顧客リストは「真空」を嫌うからである。
 あなたの顧客リストは空席が出たとき、それを埋めようとする力が働くのだ。
 だから、あなたにふさわしくない客は積極的に切って、
 顧客リストから外さなければならない、すると、もっと
 ふさわしい客に出会えることになる。"

私も、リフォーム工事の引き合いを頂いて、一生懸命見積もりをする、
いいプランも浮かび、決まったらやりがいあるなぁと楽しみにしていたら、
相見積もりで流れた、といったことがあります。
(お客様の車が盗難に合い、車を買い換えるために工事が流れた、
 なんてこともありました…)

でも、そんなときもクヨクヨ落ち込まず、

「もしかしたら、私たちに合う仕事じゃなかったのかも。
 きっと、別のいい仕事が来る♪」

と捉えることにしています。

カレンダーにたまたまスケジュールが開いた日が並んでいても、

「宇宙は真空を嫌うもんね。スケジュール表もそのうち埋まるわ。」
(と言いながら、カレンダーに『仕事入って来~い!』と書きこむ…)

と前向きに考えていたら、ひょっこり、直前に降って湧いたように
仕事が入ってきたりするものです。

先月など、三年ほど前に見積もりし、保留になっていた工事が、
先方からの連絡でトントン拍子に決まった、ということもありました。

"宇宙は真空を嫌う"

この法則の応用で、

中身がスカスカした財布には紙幣が詰まり、
空いた助手席には新しい恋人が現れる。

などと想像すると、本当にそんなことが起こりそうな気がしてきます。
宇宙の法則を信じてご利益をモノにしたいものですね。

(ただ、『真空を嫌うって言うけど、地球の周りは真空じゃないの?』
 と思ってしまいますが、宇宙空間って真空じゃないみたいですね。
 実は"何か"がぎっしりと詰まっているそうですよ。)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
お久し振りですね

 元気で頑張ってらっしゃる様子、広島から応援してますよ

 ところで、「宇宙は真空を嫌う」って・・眼からうろこ・・です・・

 ひとり事務所ですから、同じような悩みも多いのですが、確かに!って、思います

 不躾ですが、当事務所のブログにURLを載せさせて頂きたく、よろしくお願いします

・・私・・イラですので、すぐに載せちゃいますが、もし、よろしくなければおっしゃってくださいませ・・すぐに削除しますので・・汗・・

 今後とも、頑張っていきましょう!お互い・・ニコ
2011/06/16(木) 18:53 | URL | カームエニー #K3VsDgnM[ 編集]
コメント頂いたことに今日気が付きました。すみません。
ブログにURL載せて頂けるとのこと、うれしいです。
私たち夫婦で熱意だけが頼りです(笑)
またいろいろと教えてください。
よろしくお願いします。
2011/06/22(水) 21:33 | URL | iegasuki #PnKOjpFQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/492-8e97cf38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック