あなたが、この父親の立場だったら?

ここでは、「あなたが、この父親の立場だったら?」 に関する記事を紹介しています。
今日は、とある悩み相談について、いろいろ考えさせられるところが
あったので、ご紹介します。

『発言小町』(読売新聞)という掲示板のサイトがあるのですが、
その中でアクセスランキングが一位になっていたのがこのトピックです。

以下、少し引用します。

 "『娘よ、ごめん 』

  今年の初め、妻が中1の娘と小3の息子を遺し病気で他界しました。
  男手一つで二人の子供を育てられるのかと不安の中、日々を過ごしています。

  現在の生活で一番負担が掛っているのは娘で、妻の役割を担わせてしまっています。
  娘は近居の私の母と義姉(兄の妻)に家事を仕込まれ、泣きながら覚えてくれました。

  (中略)

  先日、ちょっとした事件がありました。
  部屋でテレビを見ていると息子が叫ぶ声がしたので見に行くと、包丁で
  料理の真似ごとをして指を切ったようで血が流れています。
  娘は風呂を洗っていたようで、慌てて飛び出してきました。
  私が「何故包丁をほっとくんだ。弟が大怪我をしたら責任取れるのか」と
  娘を叱ると突然怒り出し、「私は一生懸命やっている。何で私ばっかり
  我慢しなくちゃいけないの。やって当たり前と思わないで」
  と言い、自分が作った料理が載った一つの皿を手で払いのけ床に
  落としてしまいました。
  
  私はカッときて思わず娘の頬を平手打ちしてしまい、娘は泣いて
  自分の部屋に行ってしまいました。

  (中略)

  この件以降、娘の様子がおかしくなりました。
  感情を表に出さなくなったのです。

  (中略) 

  いえ、それよりも今は娘の状態が心配です。
  娘を救ってやるにはどうしたら良いでしょうか。
  アドバイスを頂けたらと思います。"

こちらのサイトにこの相談者からの全文、そして、この相談に寄せられた、
サイト閲覧者の一般の方からの回答が、なんと570本余り。

ほとんどが女性らしきその回答は、


厳しく父親の対応を責めるものでした。

ところが、この父親、あまりの反響の大きさと、その内容に驚きつつも、
丁寧にひとつひとつのレス(レスポンス)のメッセージを読まれたようす。

(これらのレスは、それぞれの方々の視点がとてもためになり、
 私もかなりの数を読みました。)

"トピ主のみ"をクリックすると、相談者さんのレスだけが
読めるようになっていますが、その報告によると、なんとか
お嬢さんとの信頼関係が取り戻せたようです。

子供を持たない私が、このトピックでとても印象深かったのが、
相談者である父親が、非難ゴウゴウの大量のレスを読んで、

「でも、自分だって仕事で大変だ」
「女性のみなさんには自分の気持ちはわからない」

など言い訳をすることなく、一切逃げることなく、
自分を振り返り、まっすぐに娘さんに向かい会ったこと、
そして、自分から頭を下げたことです。

私たち夫婦には子どもがおらず、常に二人だけの生活ですが、
それでも、時間が足りないと思うこともあれば、
仕事や家事の合間にイライラすると、相手に当たったり、
言葉が過ぎたりします。

そんな時に、素直に頭を下げてくれる夫と違い、
いつまでもフクれたり、謝るのに勇気がいる私。

この父親のように、非を認めて、たとえ相手が子供であっても、
自分からきちんと頭を下げられるようでありたいと思いました。

この「発言小町」を覗いて見てもわかるように、
世の中にはいろいろな悩み事をかかえた人がいて、
とくに、人間関係については”事実は小説よりも奇なり"で、
信じられないような人や、それぞれの考え方が、いくらでもあるようです。

それでも、自分を柔軟にして、光の方を向くことで、
「雨降って地固まる」
雨の降った大地から大きな実りを生み出せるようにしたいものです。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ



関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/497-2da0a167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック