紳助さんとペット

ここでは、「紳助さんとペット」 に関する記事を紹介しています。
昨日の島田紳助さんの突然の引退会見にはびっくりでした。

今日の続報をテレビで観て、引退されること以上に私が驚いたのが、
Aさんなる人物に解決してもらったという紳助さんの"悩み"の発端が、
当時のテレビでの紳助さんの発言から生じたトラブルだったらしい、
ということです。

事故を起こしたとか、金銭問題のトラブルでなく、番組内での発言に対して
あの(?)紳助さんがそこまで思い詰めさせられたというのが、
つくづく人から人への攻撃とは怖いものだな~と思いました。

昔は私も紳助さんが好きで、ラジオを聴いたり、ラジオで
紳助さんが勧める本を読んだり(今でも覚えているのは「塩狩峠」)
したものでした。

最近は、紳助さんの人気番組を見ながら、ちょっとクドさを感じたり、
説教ぽさ(すみません)を感じていましたが、テレビでお顔を見られなく
なるととても寂しく思います。

さて、ここからが本題ですが、紳助さんといえば彼のトークの中で
私が今までに印象に残って、実践していることがあります。

それは、




『ペットの水入れの水を綺麗にしておくこと』

もう10年以上も前かと思いますが、テレビで紳助さんが、
こんな風なエピソードを語っていました。
(おおまかな記憶で勝手に再現)

彼が息子娘さんに、ペットの犬の世話をまかせていた。
ある時、「ちゃんと水換えたか?」ときくと、
「換えた」というので見たら、汚れていたのでしょうか、

「お前、この水入れの水、飲めるか?」

「飲まれへん」

「お前が自分で飲めるくらい綺麗にしろ!」

と叱ったというのです。

(犬は『替えてくれ』とかしゃべられへんねんから、
 と言っていた気もする)

私はこのエピソードを聞いて以来、ペットの水換えが
ちょっと億劫に感じるときも、

「私はこの水、飲めるだろうか?」

と意識して、水を確認、水入れもこまめに洗って
入れ替えるようにしています。
(うちには犬だけでなく、猫も鳥もいますので、
 同様です。…ただ、実際にペットの水入れから
 水を飲んでみたことはありませんが(^^ゞ)

ここのところペットブームが続き、テレビを観ても
外へ出てもペットの姿を見ますが、中には

散歩に出してもらえない犬、真夏の真昼間に散歩に連れだされている犬
(自分が裸足でアスファルトの上を歩くことを想像すると…)を
見かけます。

長期の旅行に邪魔だからと一旦ペットを手放して、
旅行から帰ってからまたショップでペット買う人がいる、
という仰天話も聞きました。

紳助さんをテレビでお見かけしなくなっても、
しゃべれないペットを大切にいたわることと、
この水替えだけは、きっちり続けていこうと思います。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/513-52ace32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック