年始の大掃除

ここでは、「年始の大掃除」 に関する記事を紹介しています。
さて、今日は1月2日。
昨日の決意は『下請けから元請け・共請けへ』でしたが…
今日は、新年らしく仕事部屋を片付けてみました。

"年末の大掃除”をしていれば、すでに片付いているはずの部屋ですが、
昨日読んだ本をきっかけに、改めて部屋を見なおしてみたのです。

その本とは、

"「片付けなくてもいい!」技術" 辰巳渚 著 宝島新書

です。

「片づけなくてもいい!」技術 (宝島社新書)
辰巳 渚
宝島社
売り上げランキング: 199300

この辰巳渚さんという方は、過去にも


"「捨てる!」技術"

「捨てる!」技術 (宝島社新書)
辰巳 渚
宝島社
売り上げランキング: 70294

で一世を風靡した方。

私はどちらかと言うと、

"「暮らす!」技術"
「暮らす!」技術 (宝島社新書)
辰巳 渚
宝島社
売り上げランキング: 825200

のファンでした。

書名は”技術"という表現で統一されていますが、この方は
何か具体的なテクニックや作業によって"捨てる"、"暮らす"術を教えて
くれるわけではありません。

とても細やかな視点で捨てるという行為、暮らすという行為を掘り起こし、
見つめ直し、新しい気づきを与え、行動を促してくれる本です。

収納といえば、近藤典子さんに始まり、いつでも主婦や女性の関心の的で、
最近はこんまり先生がひっぱりだこですね。

人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版
売り上げランキング: 10

こんまり先生の「ときめく、ときめかない」選別法も、なるほど!の
アプローチではありますが、私にとっては、こんまり先生方式の
"まず、すべての持ち物を出して、自分が持っている物の量を知る"、
という段階で、すでにギブアップ。
先生が横についていてくださるならまだしも、一人で一連の作業を
するなんて、ゾッとするわ~ってなもんでした。

そこで、目についたのが、今回の本だったのです。

例えば、5ページの

"暮らしは、一刻も静止しない。だから、「完璧に片付いた部屋」
という静止した状態でありつづけるのは、どだい無理なのだ。
その意味では、永遠に片付かないのが、暮らしなのだ。
ほら、これだけで、「片付けつづけなければ」という苦しさから
開放されるだろう。"

は~い!解放されますとも。ぐっと気分が楽になります。

我が家では、夫の方が仕事柄か、段取り上手の片付け上手。
夫が冷蔵庫を開けると、

「おい、賞味期限が古い方のヨーグルトを手前に置かな
 あかんやろ…奥のほうが古いぞ」

とか、リビングの椅子に服をかけていたら、

「これ洗うやつか?まだ着るんか?」

使ってる途中で出しっぱなしの物を見つけては、

「これ、ここに置くことになったん?」

とか、チェックが厳しいんですよ。

それで思わず、

「あなたみたいにねえ、施工が完了したら道具きれいに片付けてって、
 一回一回節目があるのと違って、家事はエンドレスなのよ。
 
 たまたま今こうなってたからって、それは"途中”なの。
 会社じゃないんだから~まったく、ここは家だよ!」

(ある意味、我が家は事務所ではあるけど)

そんなこんなで、辰巳さんのように、片付かないことを
「それは技術です、訓練できます。能力です、身につきます」
なんて諭さず「そうそう、家ってなかなか片付かないものですよ」と
共感してくれると、身構えずに心を開けるのです。

今回は、辰巳さんの挙げるいろいろな法則の中で、

「人は箱の魅力から逃れられない」に注目。

お菓子の箱、綺麗な缶、パソコンや家電の箱など、
"空気を入れたまま、使いやすい場所を占領する"
箱を部屋のあちこちから追い出すことにしました。

そして、もう一つの法則。

「人は同じ形や色の物がいくつかあると並べたくなる」

同じ大きさ、形でつい集めてしまうスパイス類、
マニキュア、口紅、収納ケース(これもある意味、箱)
そして、私の場合無意識に集めてしまう本。

並べて置いてあるから収納しているつもりになっているけど、
使いもしないのに置きっぱなしになっているものはないか、
という目で、これらの物をチェック。

とくに本は好きなので、書店や古本屋さんで衝動買いしては、
「時間ができたときに読もう♪」と持ち帰り、そのまま"積んどく"
になっている本、もう一度読むかもと思いながら何年も目を通していない
本を思い切って捨てました。

そして、とくに効果の大きかったのが仕事で使うカタログ類。
必要なときはどんどん最新版を取り寄せるのに、
古くなったものを捨てるのを後回しにしがちです。
これも、メーカー別、商品カテゴリ別に並べ直し、
カタログ置き場にかなりのスペースができて、得した気分になりました。

年末の大掃除は、"汚れ物"に目が行きがちで、なかなか
整理には手がつかずに終わってしまうもの。
これからは、年末は大掃除に年始の整理整頓を
私の年中行事に組み入れようと思います。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


 
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/530-8530f249
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック