見えない通路にご注意

ここでは、「見えない通路にご注意」 に関する記事を紹介しています。
昨日の記事で、平面図に潜んだ"潜在的な通路"について書きました。

例えば、下は、とある都心の分譲マンションの間取りです。
(※画像をクリックすると別窓にて拡大します)
部屋の広さは60㎡少しあるようですが、部屋数からいって、
ゆとりの一人暮らしか二人暮らしまで、という感じです。

madori

立面図や室内のパースなどを見ていないので、
平面図からの読み取れる範囲での勝手な想像ですが、
気になる所がありますね。



そう、17.3畳もあるLDKの、壁の少なさです。

玄関から入ってLDKの入り口ドアを開けると、キッチンへの
出入り口と重なる小スペースがあり、その右下、
キッチンのシンク側横の間仕切り壁から洋室2の入り口
までは比較的広い壁があるようです。

(上部型ガラスと書いてある部分、どのくらいの
 高さからがガラスなのでしょう)

あとは、ほとんどが出入り口ないし窓ですね。

"床暖房範囲”と書かれた部分を囲む窓は、
腰窓で、バルコニーへの出入り口ではなさそうですが、
その左上は、バルコニーへ出るドアになっています。

さらに、その左側にも窓があり、これはバルコニーに
物干しの記載があるので、掃き出し窓、つまり出入り口でしょう。

そして、洋室1との間も引き違いのドアで仕切られ、
その右手からホールにかけて、やっと壁が少しある、
といった具合です。(食器棚を置くならここかな…)

壁が少ないと、それを背にして置く家具が限られますし、
レイアウトも難しくなります。

このマンションのように、一人暮らしか二人暮らし用ならさほど
気にならないかもしれませんが、ある程度の人数がいる場合は、
このような出入り口に囲まれたリビング、ダイニングは
通路の中に座るスペースがあるようで、落ち着かない
場所になりかねません。

洋室2の入り口ドアが、今の位置でなくクロゼット寄りに付いていたら、
LDKの奥(図面では下側)がもう少し壁に囲まれた、
落ち着いたスペースになったかもしれません。

…と、ここで洋室2に注目してみると、この部屋はどのように
使ったらいいのでしょう。ベッドを置くスペースはなさそうだし、
書斎や趣味の部屋にするには、机を置く位置も微妙に難しい。

(まるごと納戸にする?)

これも、もし、入り口ドアがクロゼット寄りにあったなら、
左下に机なり、収納家具なりが置けそうです。

(ドアの位置が図面通りで、クロゼットの左手前の壁に家具を置くと、
 引き戸に家具がかぶってクロゼットの中の物が出し入れできません)

さて、では洋室1はというと、これまたPS(パイプスペース)
として出っ張った所が二箇所。
こちらもサイズによってはベッドの配置が難しそうです。

…ということは、布団ででも眠らない場合、ベッドを二人分置くことは
できないかも。やはり一人暮らし向けなのか?

さらにさらに、勝手にツッコんでみると、
洗面室の入り口のドア、洗面室側に開くようにしたほうが良いのでは…

もし一人暮らしなら、着替えの時でなければ、ドアを開けっ放しに
してても邪魔になりませんし、リビングからホールに出た時
ちょうど洗面室のドアをもう一人が開けてぶつかる、なんてことも
なさそうです。

(でも、ドアを洗面所内に開くようにすると、脱衣かごとかちょっとした収納
 の置き場所がなくなるか…)

あと、ホールとLDKの間仕切り壁も、もう少しだけLDK側に
ずらしたほうが、ホールがせせこましくなくて、リビングとの
バランスがよさそうです。

(今の位置に間仕切り壁があるのは、リビングの入り口ドアを開いたときに
 キッチンを通せんぼしないように、かもしれませんが。
 それなら、引き戸にすると…間口が足りない!?、ドアを反対側に寄せると…
 家具が置けなくなる!? う~ん…)
 
マンションの間取りというものは、一戸建てと比べると、他の住戸との
組み合わせまで考えなくてはならなかったり、設備や配管の場所、
騒音や防災面などの制約が厳しかったりするので、設計もたいへんだと
思います。

間取り図だけを見て「自分ならここはこうしたい」「これは困る」
というのは気楽なものですが、このように自分が住むなら、
家具を置くなら、という目で間取り図をチェックするのは、
リフォームを仕事にする私の場合、とてもよい勉強になるのです。

さらに、家具のレイアウトだけでなく、間仕切り壁をすべて
取り払ってスケルトンにし、自分ならどのように間仕切るかを考えるのも
リフォームのプランの練習になるものです。

今では、ネット上で全国のいろいろな新築物件の詳しい平面図を
閲覧することができるので、つくづく良い時代になったなあと
思う私なのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/535-8d1d5561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック