浴室床タイル⇒バスナフローレ貼り

ここでは、「浴室床タイル⇒バスナフローレ貼り」 に関する記事を紹介しています。
先日、チラシを見て引き合いを下さったお客様宅で
東リのバスナフローレの施工をさせて頂きました。

こちらが施工前。
yo01

バスルームを増築されてからだいぶ経つとのことでしたが、とくに
傷みやタイル目地の汚れなど目立たず、良い状態でした。

今回は、やはり床のタイルの冷たさが気になるとのことで、チラシに掲載の
バスナフローレに興味を持って下さったそうですが、もう一つ、同時に
施工できないかとお尋ねになった部分がありました。

それは、


冬場、3日ほど留守にされた時に、凍結して表面がはがれてしまった
とおっしゃる、タイルの部分補修だったのです。

新築時に貼られたタイルの予備は、大切に保管されていたのですが、
多能工の夫といえども、そこに関してはタイル工を呼ばなくてはならず、
部分的な貼り替えは割高になるとご説明すると、お困りのご様子。

そこで、夫の提案で、アイカ工業の浴室用セラールをタイルの傷んだところ
をカバーするように貼らせて頂くことになりました。
(これなら、夫が貼れるので、一石二鳥!)

まずは、床の施工です。従来のタイル面の目地に専用のパテをし、
十分に乾燥させたあと、接着剤を塗布、オープンタイムをとります。
yo02

冬場でパテが乾きにくいので、私たちは自宅の石油ファンヒーターを
洗面所に持込み、ゆっくり温めながら、パテが乾く時間をとりました。

写真では、接着剤を塗っている下地全体がグレーに写っていますが、
本来はパテは目地部分だけに詰めるもの。この現場では、タイルが
あまり平滑に貼られておらず、全体をうっすらとパテする形になりました。

そして、貼りあがりがこちらです。
yo03
※画像クリックで拡大します

水栓周りにバスナフローレと同系色の浴室用パネルを貼ったことで、
違和感なく壁タイルの補修もできました。

気になる排水口周りはこのように、カットしたバスナフローレの切り口を
専用のシール材でコーキング処理します。
yo04

施工は、水栓の撤去⇒パネル貼り⇒水栓再取り付けも含めて、16時ごろに
終わったでしょうか。夏場ならパテも接着剤も乾きやすく、もう少し
スピーディに施工できると思います。

あとは、当日夜は入浴をお控え頂いて、翌日からは、ご使用頂けます。
ただし、床の周囲はシーリング材が充填してあるので、中まで完全に
乾くまでの3日ほどは、ゴシゴシこすらないこと、が注意事項です。

浴室がすっきりと明るくなったようで、施工中にヒザをついても痛くない
ところも気に入り、私達も後日、自宅に貼ることにしました。

自宅は、システムバスなのでFRPの床の上にバスナフローレを
貼ることになりますが、また次の記事でご紹介したいと思います。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
折角なら段になっている所の下(排水の目皿)までセラール貼ってあげても良かったと思います。
2012/02/06(月) 01:21 | URL | #-[ 編集]
コメントありがとうございます。

おっしゃるように、段差部分まで包んだら、統一感が出るし、
表面のタイル目地のカビの心配も減りますね。
今回は、お客様のご希望でこのような納まりにしています(^^)

2012/02/06(月) 11:31 | URL | iegasuki(tanegasuki) #-[ 編集]
この記事を読んで、早速見本帳を入手。
社長に、「これ、どうですか?」って提案したのですが、あれこれ理由がついて、ウチでは扱いそうにないです。
UBの床には貼れないのかな~?
2012/02/18(土) 16:48 | URL | River #-[ 編集]
お客様からご要望があれば、また出番も
来るかもしれませんね。それまで、見本帳は
大切にキープということで♪

UBの床パンには、FRP用のパテを使えば
貼れるそうですよ。我が家もシステムバスの床パンに
貼ってみて、とても気に入りました。
2012/02/18(土) 22:36 | URL | iegasuki(tanegasuki) #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/10(火) 07:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/551-a6a1d174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック