キッチンの流しから排水の臭いが

ここでは、「キッチンの流しから排水の臭いが」 に関する記事を紹介しています。
リフォームの下見に伺うと、お話しのついでに

「キッチンの排水の臭いが気になるんですけど…」

とお尋ね頂くことがあります。

臭いだけではなく、ごくわずかに水が漏れてる場合もあるのですが、
今まで見せて頂いた中で、臭いや排水漏れの原因となっていたのは、


 ①排水トラップの蛇腹ホースが経年変化で破れ、排水漏れ。
 ②シンクとトラップの間のパッキンの摩耗による排水漏れ。
 ③トラップの締め付けが甘く、隙間から排水漏れ。
 ④防臭キャップの不備による臭い漏れ。

でした。

今日も、下見に伺ったお客様の所で、臭いが気になるとのこと。
早速、シンクの下のキャビネットを開けて原因を調べてみると、
防臭キャップの不具合が原因でした。

簡単にイラストにしてみると、
(※縮尺は適当です^^; ※クリックで拡大します)
haisui

通常はキッチンのシンクの下はこのように配管されています。

システムキッチンやマンションの流しの場合は、蛇腹状のホースではなく、
直管の排水管で接続されている場合がありますし、接続先の排水管が
床下方向でなく、壁方向から出ている場合もあります。

今回の臭いの原因ですが、

本来なら、左側の図のように蛇腹ホースを床下から出ている
排水管に差し込み、防臭キャップで隙間をふさいだあと、
キッチンの底板に開いた開口部をドーナツ型のカバーでフタをするところです。

それが、床下からの排水管とキッチンの底板の開口部が離れていたために、
底板と床との間の狭いスペースで、無理に蛇腹を曲げながら、
排水口に差し込んだ形になり、防臭キャップがゆがんで
隙間が開いてしまっていたのです。

このようなことにならないように、キャビネットの設置時の
排水管立ち上げ位置は、施工図面上で指定されているのですが、
あえて排水管を移設せずにキャビネットを設置したのか、
なにか別に理由があったのかは、わかりません。

ちなみに、洗面化粧台のリフォームの時など、排水管の立ち上がりの
位置と化粧台の底板の開口部の位置がずれていても、排水管の移設
に費用をかけるよりは、底板に新しく穴を開け直し、元の穴を
底板と同系色のカバーでフタする場合もあります。

今回のキッチンでは、底板と床の間のスペースが狭かったために、
排水管への接続はできたものの、防臭キャップ部分に支障を
起こしてしまっていたのでしょう。

このままの状態で防臭キャップをきちんとはめるようとすると、
中に手が届かず、キッチンのキャビネットを一旦外して
ずれを治しても、再び防臭キャップがゆがまないとも限りません。

そこで、今回は、蛇腹をなるべく真上から差し込めるように、
キッチンの底板を四角く大きめに開口し直し、新しく開口部の
カバーを作ることをご提案しました。

また施工が完了したら、ご紹介したいと思います。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/553-440cfcba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック