工事を断る姿勢も必要!?

ここでは、「工事を断る姿勢も必要!?」 に関する記事を紹介しています。
前回の記事で、

 "工事の段取りは人に任せ、仲介料や中間マージンで
 売上を増やそう、仕事を広げようとする方が意外と多いのですね。

 それは、いわゆるブローカーさんだったり、同業の施工店さんだったり、
 一職人さんだったり。"

といったことを書きかけましたが、その続きです。

今回はブローカーさんのことは置いておくとしましょう。
同業者の方のことです。

例えば、一職人さんが、知人や友達に工事を頼まれたとします。
内装職人さんならクロスの貼替、水道設備の方なら化粧台の取替などです。

で、それが終わったら、"クロスが綺麗になったらフローリングの
傷み具合が気になってきた"、とか、"化粧台変えたらクロスが色あせて見える"
となったとします。

そうなると、じゃあ、知り合いの職人呼んで、追加で工事してもらおうか、
となりますよね。または、そこそこのボリュームの工事になったら、
自分が普段下請けに入っている元請けさんに頼んだり。

こういった機会が増えてくると、中には


自分でもこれからリフォームの仕事取ろうかな、と考える方があり、
実際"リフォームします!"という業者がどんどん増えていくことに
なるのですが、私としてはとても複雑な気持ちなのですよね。

私達の場合も、夫は一職人ですし、元請け仕事を増やすようになったのは、
私がリフォーム会社を退職後、初めて知人から工事を頼まれたことが
きっかけですから、こう言うのも何なのですが。

ただ、とある職種の職人さんないし業者さんが、他の職種にも手を広げて
元請けとなろうとするのならば、そこはしっかり実務面から取り組んで
欲しいと思うのですね。

つまり、下見から採寸、商品や材料の選択から見積もり、工事の段取り、
施工監理、アフターといった一連の流れをです。

もちろん、そのような取り組みを重ねていくうちに、総合リフォームまで
請けるようになり、大活躍している方もいらっしゃいます。

ところが、自分の専門分野以外は、他者に丸投げというスタイルのまま、
仕事量だけは増やそうという考えの方も、お見受けするのです。

先日も、同業の親しい施工店さんから、こんな話を聞きました。

「お客さんの所で、○○工事終わって、『おたく、△△工事もできる?』
 って聞かれた時に、『やってません、できません』 なんて言えない。
 
 それに、仕事のない時期、仕事選んでたら、それこそ減ってしまう。
 チラシには "□□工事、▲▲工事…"、ってメニューを載せて
 ポスティングするようにしている」

でも、実際には、その業者さんは、○○工事だけが専門。
その他の工事は、下請けにほぼ丸投げなのです。

私が、

「それなら、いっそ他の工事も、見積もりからご自身でされる方向に
 シフトされたらどうですか。営業経験者雇うという方法もありますし。

 せっかく、○○工事でそれだけの実績をお持ちなのですから、
 後継者のためにも…私もできる範囲でお手伝いさせて頂きますよ」

と尋ねると、

「いや、そこまでする気はない、大変やし。
 とにかく他の工事は、○○工事を受注するためのきっかけになって
 くれればいいかなと思って」

といったようなお返事でした。

例えば、私たちは、眼科に行って、虫歯も直してもらおうとは思いませんよね。
内科で耳を診てもらおうとはしません。

ところが、リフォームでは、お客様にとっては、インテリア屋さんに
外壁塗装頼んだり、塗装屋さんに大工工事頼む、ふすま屋さんに
水まわり頼むということは、ありがちなことです。

もちろん、医療でも一箇所に行けば耳も眼も骨も肺も、あらゆるところを
診てもらえる、総合病院があります。

ですから、リフォームでもひとつの業者さんが内装、大工工事、水まわり、
外壁塗装もエクステリアもオールマイティというところもあります。
要するに多分野に強い設計、プランナーや監督がいればいいわけです。

ただ、昔なら、棟梁が他の職方を取り仕切り、総合的な監督も務めたとは
いうものの、今では商品も材料も施工法も多種雑多様化しています。

ですから、例えば、塗装業の親方や設備業の代表者、内装店の社長さん
などが、他の分野にまで詳しいとは限らないと思うのですね。
(もちろん組織が大きくなれば、専門職が揃ってたり、リフォーム部を
 持っていたりしますから、話は別です。)

私は、本当のプロならば、安易に専門外の分野を請けるべきでは
ないと思うのです。万が一の時の責任も、専門外のことは予測が
つかず、担いきれない恐れもあります。

ですから、私たちの場合、自分たちで責任の持てない施工や商品、
得意でない分野は、はっきりと断りますし、ふさわしい業者さんを
知っていれば、紹介もします。

もちろん、その分野の需要が増えて、自分でも本腰を入れてやろうと
思う時がくれば、その時はどっぷり浸かって取り組むという心構えも、
忘れないようにしています。

昨年から、複数の元請けさんとの出会いや別れ(?)が重なり、
それぞれの方と話をしたり、仕事を進めたりする上で、
考え方の違いや、違和感を感じることがあって、最近、
このようなことばかり考えたり、記事に書いています。

強調しておきたいのは、下請けの業者や職人に施工をまかせることが
ダメだというのではなく、(もちろん職人を自社で雇えといっている
のでもありません…^^;)あくまで、『丸投げ』はよろしくない、
仕事や売上増を目指すのならば、丸投げ、仲介料でなく、
プランや工事自体から取り組んで頂きたい、というお話しなのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/560-77eb795f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック