看板作り

ここでは、「看板作り」 に関する記事を紹介しています。
先日、自宅兼事務所の看板作りを思いたち、看板工房さんに、
切り文字をオーダー、届いたのがこちらです。

logo

なかなか看板作りの時間がとれず、やっと昨日カタチになりました。

切り文字を貼る下地の板は、


すでに夫に作ってもらっていたので、切り文字は私が貼ることになりました。

ちなみに、今回は、下地の板は、キッチンパネルにリアテックシート
(メーカーさんによってダイノックなど、商品名が変わります)
を貼ったものです。

さて、切り文字を貼る手順ですが、

看板工房さんのサイトで丁寧に説明されていますので、その通りに。

まず、切り文字に同封されていた型紙…は失敗したら困るので、コピーを
してから、目印になるところをカッターで切り抜きます。

kanban01

全部、切り抜いたら、貼りたいところへ載せてレイアウトを決めます。
決まったらセロハンテープで型紙を留めます。

kanban02

位置が決まったら、型紙をマジックでなぞって、切り文字を貼る部分の
目印をつけます。

あとは、梱包された切り文字をパーツごとにはずし、順番に
貼りつけていきます。(オプションの強力粘着テープつきで簡単♪)

…と、途中で、おかしなところを発見!

kanban03

『あれ?"インテリア"のリの左のパーツが短かすぎへん!?』

あわてて型紙を確認すると、型紙はちゃんと長めになっています。

kanban04

最初は、他のパーツと入れ替わったのかも、と"アシダ"のシの
パーツを疑ったのですが、こちらの長さは合っています。

「うわあ…どうしよう、納品されてからだいぶ経つけど、
 看板工房さんに聞いてみようか?」

などと私が困っていると、夫がひとこと。

「おい、そのパーツ、"インテリア"のンのパーツと違うか?"

「え~本当や!気が付かんかったわ…。パーツがバラバラになるから
 一文字分ずつ注意して外していったのに、元々入れ替わっとった
 んやな。」

ということで、パーツを入れ替えて貼付けは完了。

kanban05

雨が染みこんでもはがれにくいように、クリアのシリコンを
切り文字の縁に入れました。

kanban06

あとは、2×6材を塗装し、板が入る溝を掘ったものと組み合わせて、
看板の完成です。

kanban07

看板の取付をしていると、眼を引くのか、
「おっ、手作りか、いいねえ」
「電話番号は入れないの?」
「夜はライトアップせなあかんね」
…さっそくご近所の方が声をかけて下さいます。

(こうなると、看板以前に玄関周りが雑然としているのが問題…)

冬場で庭の緑もくすんだ感じ。お手入れもおろそかになっているので、
これから春に向けて、もう少し庭周りを綺麗にしようと思います。

★追記★
毎年ちょうどゴールデンウィークに庭のモッコウバラが
見ごろになる我が家。看板周りがいい感じになりました。
GW2012

(う~ん…看板の後ろのルーバーラティスをもう少し
 どうにかしたいなぁ)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/563-5cb43c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック