家具の可能性を楽しむ

ここでは、「家具の可能性を楽しむ」 に関する記事を紹介しています。
前回の記事では、大工仕事での家具づくりについて、
少し堅苦しく書いてしまいました。

思い返せば、私が住宅専門のリフォーム会社を退職した後、
夫と一緒に初めて請けた店舗の仕事で受付カウンターづくりを頼まれた
ときのこと。

店舗なので?お客様から見えない側は、コストダウンでコンパネ
むきだしでもいい。限られた予算の中で内装に合うカウンターを
作りたいとのご希望で作ったのがこちらです。


counter

角材とコンパネで作った箱に、外側だけクロス貼り、栂の巾木を取付。
コンパネに栂の角材を回して木部を塗装、強化ガラスを載せたものを
上に載せて天板としました。

ガラスの下には、コンパネの下地を隠すように(^_^;)?
ホームセンターで買ったよしずを適度な長さに切って塗装、
両側に玉砂利(100均だったかな?)をセットしています。

カウンターのクロスを貼った面は、こんな感じです。
counter02

上の写真は、店舗を改装した時のものなので、背景が変わっていますが、
改装時もアジアンのイメージは変えなかったので、カウンターは
そのまま利用頂くことができました。

その後、改装を重ねるうちに、このカウンターを気に入って下さっていた
オーナー様がご自宅に持ち帰られました。

「壁にくっつけて置かれるならいいけど、
 内側はコンパネが丸見えに作ってあるのに…」と、

私は大恐縮したものです。

こうして考えてみると、あまり、堅苦しくこだわらずに、
遊び心も大切にしつつ、お客様に愛着を持っていただけるものを
作ることが大事なのだなあと思いました。

今回の家具プラン、張り切って参ります♪


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/565-38c8dfdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック