レバーハンドルをグレモン締まりに加工

ここでは、「レバーハンドルをグレモン締まりに加工」 に関する記事を紹介しています。
先日の記事で、夫が自宅をプチリフォームした防音室に、
ドアを二重に取り付けた話を書きました。

外側のドアは、本来は防音専用のドアでも取り付けるところですが、
今回は、不要になったドアを再利用、一般的なレバーハンドルを、
"グレモン締まり"ができるように加工しました。

表から見ると、ごく普通のレバーハンドルですが、
ドアを開けて反対側を見ると、


このようになっています。
handoru01

レバーハンドルの根本にボルトが貫通…

そして、このボルトを受ける部分は、こうなっています。
handoru02
(右側に見えているレバーハンドルは二重ドアの室内側のドアです。)

なんとも、手作り感が(^_^;)

この、木片の切り口の角度がミソのようですね。

閉めたところを室内から見ると、
handoru03

ガッチリとロックされています。

このハンドルの面白い?ところは、ロックされている状態だと、
レバーハンドルが垂直に降りていること。

普通のドアだと、レバーハンドルは水平になっているものなので、
レバーハンドルが下を向いた?状態っていうのが変な感じなのです。

夫の部屋に入って出る時に、レバーハンドルを水平に戻したくなるような…
でも、水平にしちゃうとロックされていないということなので、
やはり、下に降ろしておかなくちゃ!となるのです。

まあ、とにかく、なんだか面白いのでブログにアップしました。
防音効果はこのドア自体ではどれだけあるのかは不明ですが(笑)
家の中への音漏れより、外への音漏れ防止のほうが大事なので、
これで良しと思います。

とりあえず、防音室ができて夫のギター練習量もあきらかに増え、
めでたし、めでたしの結果となりました。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/572-1e674b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック