腰窓に木製バルコニー!?

ここでは、「腰窓に木製バルコニー!?」 に関する記事を紹介しています。
先週から木製のバルコニーづくりに取りかかっていましたが、
昨日完成しましたので、記録を兼ねて写真をアップさせて頂きます。

バルコニーを取り付ける場所はこちら。
balcony1

この家はエス・バイ・エルのツーバイフォー住宅。デザインの特徴なのか?
腰窓の両側に化粧の袖壁がついており、すぐ下にはテラス屋根があります。
(袖壁はなぜか一階まで伸びておらず、テラス屋根の下まで)

はじめは、『腰窓の外側に木製バルコニーをつけたい』とお聞きして、
"手入れのラクなアルミ製でなく、定期的にメンテナンスの必要な木で?"
"しかも、出入りのできない(しにくい)腰窓の外側に?"という点が
気になった夫と私。

こういう時は、


そもそもバルコニーをつけたいと思われた、一番のきっかけ(目的)を
お聞きするのが一番。

詳しくお聞きしたところ、元々二階にバルコニーがなく、
洗濯物を干すのは、一階のテラスや庭で間に合うが、
布団干しが大変なので、バルコニーが欲しくなったとのこと。

施主様は年配のご夫婦。布団を干される目的だけなら、
腰窓の外に特殊な金物を使って布団を干すための木製の化粧材を
取り付けては、ともご提案しましたが、やはりバルコニーが
良いとのことです。

それならば、せめて腰窓を掃き出し窓に取り替えて、バルコニーへの
出入りをしやすくしたほうが…ともお話したのですが、とにかく
このままでバルコニーを、との話になりました。

とりあえず、テラスの屋根材をはずし、脚立を立ててテラスのフレーム越しの
作業となりました。バルコニーが比較的小さかったこともあり、今回は、
夫と私だけでの施工です。(私は、材料を下から上に渡すだけ…)

まずは、柱を建て、袖壁の両側の外壁に取り付けた根太掛けに根太を掛け、
梁を渡します。(言葉で書くと簡単だけど、梁載せるの手伝い怖かった^^;)

balcony2


梁と根太が組めたら、床板を並べます。
balcony3


床板が出来たので上に登り、まず四隅に手すりを取り付け、笠木を載せます。
balcony4


ここで、"手すり子を留めるとき支えるのを手伝って"と呼ばれ、
ハシゴで床板に登った私。

「ひえ~っ、こ、こわ~…」
balcony5


バルコニーの床板の高さは地上3.3mというところでしょうか。
この家は坂に建っており、前の土地が少し低いので、上からの眺めは
余計に高いのですね。
balcony6

(施主さんが使ってはる物干しが小さく見える…!?)

私は思わず、

 「こんな恐ろしいトコに足場も組まずに施工させてるヤツは誰や!!」

  (…私か…)

 「ほんまに、あんた、すごいわ!」

長年"吹き抜けの施工"で鍛えた?夫を尊敬しつつ、へっぴり腰で
手すり子取り付けを手伝った私なのでした。

で、手すり子を取り付け、笠木の二枚目も完成。
balcony7

(これなら怖くないわ)

まだ塗装前ですが、遠くから見てもいい感じ♪ 
balcony


今回は、耐久性が心配な木製バルコニーのこと、少しでも長く使って
いただけるよう、水切れのことを優先したデザインにし、
雨の後の水分が残りがちな水平面にはなるべくビスを打たない、
といった工夫もしました。

現場がお近くなので、メンテナンスの目安もお知らせしやすいですし、
傷み具合の確認も早めにできると思います。

あとは、実際の使い勝手をお聞きするのが、怖いような?
(腰窓越しに布団を上げ下ろしになりますので)楽しみなような…
さて、いかがでしょうか。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

このバルコニー。

窓枠に布団を干すだけなんて、もったいないですね~。
贅沢ですね~。(笑)

楽にバルコニーへ出られる方法があればいいのに。
「よいしょっ!」ってまたぐのは、結構大変です。

まぁ、お客様のご希望だから、それで良しなのでしょうけれども、出来上がりを見れば見るほど、ますますもったいないと思ってしまいます。(笑)

2012/03/22(木) 14:45 | URL | River #-[ 編集]
ありがとうございます。
お客様は"腰窓を跨いで!?出入りするから大丈夫!"
(大丈夫かな!?)とのことで、一応、
ベランダ側に置く踏み台も作らせて頂きました。
しばらくしてからまた使い勝手をお尋ねしてみます(^-^)
2012/03/23(金) 00:04 | URL | iegasuki(tanegasuki) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/573-48e1b80f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック