接点復活剤すごい!

ここでは、「接点復活剤すごい!」 に関する記事を紹介しています。
おととしだったでしょうか、とあるリフォーム工事の際に、お客様が
オーディオコンポを処分したいとおっしゃいました。

「家を出た息子が、もう要らないと言ってたから処分したいんだけど、
 たぶんまだ使えるよ!」

どれどれと見せて頂くと、Victorのシステムコンポ。

(これは、BUCK-TICKさんが80年代、VictorのCMに出ていたころのものでは…!?)

と、ファン心をくすぐられ(^_^;)、まあスピーカーだけでも使えればと、
ありがたく頂戴し、他の処分品とともに、車に積み込みました。

家に帰り、添えられていたパンフレットを見ると、確かに

1987年式で、DC-Z7000という、当時としてはかなり上位グレードの
システムコンポでした。
Victor DC-Z7000


さっそく、BUCK-TICKさんのCDを投入してみたところ、さすがの迫力、
やはり、スピーカーの出力が違うね~と大満足。

そして、そのまま大好きなCDを数日楽しみ、別のCDに取り替えようと
思ったところ、なんと、


CDのトレイが出てこず、CDを取り出せなくなっていることが判明しました。

「うわ~!まさか、ここが壊れていたとは…
 まあ、このCD専用再生器となったとしても、好きなバンドだから、
 それはそれで受け止めるけど…ただで頂いたモノだし。」

半分諦めたころ、夫がどうにかこうにかCDを取り出し、ぴったりの
サイズのものが無いからと、輪ゴムを使い(゚o゚;トレイをスライドさせる部分を修理。
いつまで持つかわからないながら、CDの入れ替えが出来るようになりました。

ところが、もう一つ、不具合が判明したのです。

それは、ボリュームの調節で、大きめの音は安定してきちんと鳴るのですが、
ボリュームを小さめに絞ると鳴らなくなったり、大きめに戻そうとすると、
いきなり巨大な音になったりするのでした。

「こんな時は、スイッチ切ってツマミをグリグリ回してやるといいねん♪」

夫が、試してみたのですが、何度やっても状態は良くなりません。

「小さめの音で聴いてると音が途切れちゃうし、右と左のバランスも
 途中でおかしくなったりして…聴いてるとイラッとしてくるねんな。
 せっかくいい音出るのに、つくづく、もったいないわ」

私がブーブー文句を言っていると、夫が、

「アンプだけ買い換えたらいいねん。そんなに高ないやろ。
 これだけ古かったら修理に出すわけにもいかんし…」

それでも、諦めきれない私は、ボリュームのツマミをどうにかするだけ
ちゃうの…とネットで情報収集。すると…

ありました。\(^o^)/

こちらのサイトさんに手がかりが…

「ん?接点復活剤?何それ…」

ということで、キーワードを手がかりに、さらにあちらこちらの
サイトをチェック。そして、通販で手に入ることを知りました。

なんでも、接点復活剤にも使うモノに合わせて種類があり、オーディオ用も
専用のものがあるらしい。

試しにAmazonで調べてみると、取り扱いがあり、レビューを見ても
なんだか効き目がありそうです。そこで、

「こんなん見つけた!取り寄せてみる♪」夫に言うと、

  「いやまて、近くのホームセンターに置いてあるかもしれん」

「でも、種類がいっぱいあるみたいやで。アンプとかに使えるのなんて
 置いてないんちゃうん?」

まあ、ダメ元でと覗いてみると…

ありました!

まさかと思ったけど…ちゃんと、オーディオにも使えるタイプでした。
(ネットで見たのとは違うメーカーさんのでしたが)

そして、"外からふきかけずに分解して中から"とか、"かけ過ぎない"という
ネット上の教え?通り、細心の注意を払って夫が接点復活剤を施しました。

V01
(うわっ、中ってこんなになってるんや…)

V02
(ちゃんと、分解してから…って大変!)

そして、恐る恐るCDを聴いてみると…

「おお!治ったんとちゃうか!」

  「本当やわ…音が違う~w(゜o゜)w」

プチプチ、ガリガリいってたノイズも消え、音が心なしかまろやかに
なったよう…

  「まるで、櫻井さんがそこに立って歌ってるみたい…
   ううん…重低音がBUCK-TICKしてる~(笑)…
   ベースがいいわぁ、ズシンと来る♪」

本当にこんなに効くとは、びっくりでした。
もう、なんだか十万円くらい得した気分♪
諦めずに調べてみて良かった~。

しばらくはこの調子で、騙し騙し?コンポの耐用年数を伸ばしてみます。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
   
 

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/576-adf62293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック