間取りの急所

ここでは、「間取りの急所」 に関する記事を紹介しています。
先日、夫が下請けでワンルームマンションのクロスの貼替に
行きました。

ワンルームの場合、エレベータが無く階段で荷物の上げ下ろしを
しなくてはならなかったり、車を停めるところが無くて、遠くの
駐車場まで車を置きに行かなくてはならなかったりします。

それで、私はたまには(!?)そのあたりを考慮して、手伝いに
行くのですが、実は、私の目的は別にあったりします。

というのは、空き家の場合、間取りを見たり、設備を調べたりと、
なにかとリフォームの参考になる場合があるのです。

特に、わりと新しいワンルームなどは、入居者のハートを
キャッチするべく、いろいろな工夫をしてある場合があるので、
今回もちょっぴり期待して行きました。

先日の部屋は、中は綺麗でしたが、そう新しいマンションでもなく、
入居者さんにアピールするようにと、不動産屋さんが大家さんに
提案して、新しくクロゼットを造ったところのようでした。

「なるほど、賃貸に出す物件にしては、幅の広いクロゼットを
 つくられたのね~」と関心して、クロゼットの扉を
開いてみたのですが、

「あ~残念。せっかく間口が広いのに、中に大きな柱が
 あるのね…」

私の部屋でもないのに、ちょっとがっかり。

しかし、さらにがっかりすることが。

「このクロゼットを造ったせいで、こっちの壁沿いにベッドが
 おけないんじゃないのかな?」

ワンルーム間取り←クリックで大きくなります

つまり、玄関から入ってバルコニーの窓に向かって右側の壁は
(図でみると、左側の壁)浴室の壁に隠れて玄関ドアから
丸見えにならない。

そこに、ベッドが置けたら、すっきりするだろうな、と思うのですが、
今回クロゼットを造ったために、ベッドが置けないくらいの
壁しか残っていないのです。

しかも、わざわざ幅の広いクロゼットを造ったのに、中は
柱があって、服をかけるための幅は見た目ほどは無い。

「私なら、トイレの横の壁のところに、クロゼット造るなあ。
 服をかける幅も、今の向きとかわらないし、それなら
 ベッドがこっちの壁沿いにおけるもの」

ひとりで、うなずきながら、私だったら家具をどのように
レイアウトするか、いろいろシュミレーションしてみました。
こういうことを想像するのも、職業病のようなものです。

それにしても、間取りってつくづく奥が深いものですね。
その部屋自体の窓、ドアの位置や収納の位置、生活動線などを
考えないといけない上に、別の部屋とのからみもありますし、
水周りの配管や電気配線なども考えないといけませんから。

難しいのはわかりきっていて、そのために、プロが頭を悩ませて
いるわけですが、それでも、盲点になっているのは、家具の
レイアウトだと私は思います。

今回のように、ワンルームマンションなら、ベッドをどこにおくか、
がポイントになりますし、ファミリータイプのリビングなら、
テレビをどこにおくか、でダイニングテーブルやソファの位置が
変わってきたり、主寝室なら、夫婦のベッドがきちんと置けるか、
というのも問題になってきます。

テレビと言っても、我が家のように、時間をかけて夕飯を食べながら、
ゆっくりテレビを見る家庭もあれば、食後にゆっくりソファで
くつろぎながら、テレビを見る方もいらっしゃるでしょう。

それぞれの目的で、またテレビの置き場、家具のレイアウトが
変わってきますので、間取りを考える、お部屋を選ぶときには
本当に気をつけていただきたいな、と思います。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/59-bd1844f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック