30年前の壁紙トレンド!?

ここでは、「30年前の壁紙トレンド!?」 に関する記事を紹介しています。
先日、『アフターが楽しみなビフォー現場』という記事を書きましたが、
先週、工事が終わりました。

"アフター"については、あらためて記事にまとめたいと思いますが、
今日はその現場で見つけた興味深いものをご紹介します。

それは、敷地の片隅で野ざらしになっていたカタログ。
S01

もともと車関係の事務所さんがあった場所なので、
私は当初、『なんか、古いカタログがほかされてるな…』と思った
だけで、表紙のロゴにもピンときませんでした。

ところが、工事用のアルミサッシを納品に来た建具屋さんが、
目ざとく?見つけ、


「あ、こんなとこにサンゲツのカタログありますやん…」

  「えっ?うわ、ほんまや。サンゲツのカタログやったんや。
   しかも83~85年?」

というわけで、急に興味が湧いた私は、雨水でくっついた
表紙をめくってみました。

見出しを見てみると、
S02

「"じゅらく"、"ナチュラル"、"カラーセレクション"…昔からあるんだわ。
 ん?"ナチュラル"と"自然調"ってどう違うんだろう。
 あと"子供柄"って、そのまんまのネーミング…。」

見出しのタイトルを見ながら、実際のクロス見本をチェック。

「"アートウォール?"…この時代のアートってどんなかな…うわっ!」


S03

S04

S05

「レトロというのか、なんというのか…今見るとかえって新鮮なような…
 ん?"ハイテック"ってのもあるぞ…」

S06

「この時代のハイテックのイメージはこうだったんだ♪
 で、"北欧調?"この頃から北欧のデザインって意識してたのね」

S07

「ていうか、この左から二番目の家具って北欧調かな(^_^;)」

それにしても、驚いたのが、これだけいろいろなサンプルの中でも
かなりのページ数が、"織物クロス"だったことです。

今では、織物クロスというと色柄も織りにもこだわったものが多く、
高級なイメージ。
(ちなみに、ビニルクロスの"織物調"は織物クロスとは別商品です。)

あまり貼るチャンスもないですし、職人さんの中には、織物クロスが
貼れない方もいると聞きますが、この時代はビニルクロスより
織物クロスの方が一般的だったのかもしれませんね。

チャンスがあれば、もっともっと初期の壁紙を見てみたい
気がしました。

(今度、サンゲツさんの営業さんに聞いてみようかな…)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/608-18ec5535
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック