アフターはこうなりました!

ここでは、「アフターはこうなりました!」 に関する記事を紹介しています。
さて、なかなかアップすることができなかったのですが、
6月に"アフターが楽しみなビフォー現場"として挙げていた工事の
アフターをご紹介します。(※写真はクリックで拡大します)

外観は、こうでした。
027

その一階部分の外観がこのように。
RA01

今回の現場では、


活かせるものは活用し、こちらの会社のスタッフさんが塗装などを、
ご自分たちでなさってコストダウンをする、というプランでした。

そこで、一枚目の写真にある、アルミのドアは反対側の勝手口に転用、
代わりにツーバイフォーとラーチ合板でドアを造作。
(取手はクロゼット用のパイプとブラケットです(^^))

左側の窓とそのまわりの壁下地は残して、右側に新しく窓を増やし、
外壁は野地板を下見張りとし、塗装をして頂きました。

こちらの会社さんは林業~造園関係のお仕事をなさっているので、
外壁が自然素材で温かみがあるとのことで、とてもお喜びでした。

さて、次は内部です。

元はこうでした。
024  RB02
(中に車とか(!!)、荷物がいっぱい…前の建物使用者がこのまま退出!?)

上の状態だったのを、工事前に会社のスタッフさんが、これらの荷物
をすべて撤去し、天井を打ち合わせどおりに塗装して下さっていました。

そこで、私達が工事に入るときにはこのように。
(※クリックで拡大します)
RB03

見違えるようです!…といっても、まだ外壁も無い状態。
ここからが、リフォームの醍醐味ですね(^^)

こちらの建物は、メインの道路から少し奥に入ったところで、
緑に囲まれた素晴らしい環境。
建物裏手の眺めは、壁でふさいでしまうのがもったいないような美しさ。
RB04

本来なら、壁一面に大きなサッシでも入れて、借景を活用したいところですが、
それはまた、こちらの会社さんが建物を建て替える日のお楽しみに?とって
おくとして、今回は壁でふさぎ、勝手口ドアを取り付けることになりました。
(そう、このドアは建物正面にあったものですね)
RB05

さて、ここからは一気に完成に向かって、経過写真は省略(笑)

このようになりました。
RA02

床はラーチ合板を使い、あとで社員さんに塗装してもらうことになっています。
ドアなどもすべて塗って頂く予定です。

そして、外観はこのように。
(これも、塗装して頂く前ですね)
RA03


このあと、室内に家具や照明など配置されていくと、またまた
見違えるようになると思うのですが、今回のお披露目はここまで。
会社さんとしても、日常業務を続けながらなので、新しい事務所開きは
あわてず、じっくり作りこまれるようです。

さて、ここで、いろいろアップした写真の中で、ふたつ、
変わった写真がありましたね。そう、昔はやった?パノラマ写真のような
横長の写真です。

これは、先日の記事でご紹介した、Photosynthというアプリを使って
iPhoneで撮影したもの。
このページでは横長の写真としてしか見られませんが、iPhoneや
専用サイトでは、360度グルグル回しながら閲覧することができます。
(PCで見るにはMicrosoftのSilverlightが必要(無料)ですが、
 Photosynthサイトからダウンロードできます。)

このソフトと、今回の現場で実際に撮影したビフォーアフターについては、
あらためて次の記事でご紹介します。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ





関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/614-c7e3667f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック