ウェスタンレッドシダーでデッキと物置

ここでは、「ウェスタンレッドシダーでデッキと物置」 に関する記事を紹介しています。
今回は、ウッドデッキとその上に置くための物置を施工させていただいた
現場についてご紹介します。

まずは、この勝手口前の小さなスペース
(塗装の足場があるのでわかりにくいですが)
MB01

長年ご利用になっていたご主人お手製のウッドデッキを、
作り変えることになり、施工をお任せ頂きました。

少しでも長持ちすることを狙い、ウェスタンレッドシダーでご提案。
このようなデッキが完成しました。



MA01

ウェスタンレッドシダーはほんのり赤みのある色や木目が目に心地よく、
独特の良い香りもするので、完成時はお客様が、このまま塗装せずに
使いたいくらい、とおっしゃっていましたが、
耐久性を考えて、やはり塗って頂くこととなりました。

塗装は別業者さんが入られたのですが、塗装のあとは
私達が再び現場入り。同じくウェスタンレッドシダーで
物置を作らせて頂きました。
MA02
(写真は取っ手をつける前ですね…^^;)

正面の両開き扉を開けるとこのように。
MA03

この物置は材料が高価なこともあり、表面は板を相じゃくりにして貼るなど
こだわってみました。上にテラス屋根がかかっているので、雨ざらしになる
ことはないのはメリットですが、この屋根材の柱がちょうど右奥にあり、
物置は柱をかわしながら変形で作っています。
MA04
(製作途中:柱の手前は奥行きを浅くしているのがわかります)

物置の中は、針葉樹合板(ラーチ合板)の24ミリ厚を棚板として使用。
棚の奥行きを二分割にすることで、手前に背の高いものを置いたり、
フレキシブルにご利用頂けるようにしました。
MA06


通りから見ても、木の温かみがいい感じです。
(松の木ともお似合い♪)
MA05


さて、このあと、再び別の業者さんが仕上げの塗装をなさったのですが、
まだ塗装後を見に伺っていません。どんな雰囲気に変わったのか
とっても楽しみです。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/616-a4d8eecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック