木製の網戸を作ってみた

ここでは、「木製の網戸を作ってみた」 に関する記事を紹介しています。
先日、和式のトイレを洋式にリフォームした記事を書きましたが、
(『和式トイレを洋式トイレにリフォーム』ご参照)
このトイレ、なぜか網戸がついていませんでした。

そこで、今回新しくこの家の持ち主になられたお客様に
網戸新調をお見積もりしたところ、

「こんなちっちゃな網戸1枚作るのに、結構するんやね…」とご主人。

  「そうですね…既製品ではないので、建具屋さんが一旦採寸に来て、
   出来てからまた取り付けに伺う、ということになりますからね。
   その手間は大きさに関わらずで(^_^;)
   私が製作寸法測れればいいんですけど、正確には建具屋さんが…」

「そんな堅苦しく考えんでも、木の枠作って網巻いてくれたらいいよ。
 そんで、釘で留めてくれたら…」

  「いや、それだったら、網戸動かせませんし…」

「かめへん、かめへん。木でご主人に作ってもらったらいいねん。」

ふと思い出せば、農家の納屋などで木枠の網戸を見たことが。
そこで、



夫を呼び、トイレの窓を採寸してもらい、納まりは自分で考えて
もらうことに(^^)

「作るからには、動くようにしたいよなぁ…」と夫。

そこで、こんな形になりました。
材料はSPFの1☓4材です。
全体に屋外用の塗装をしてあります。
MA01

持ち上げてみると、網戸のレール上を滑らせるための溝が。
(ちゃんと上下に掘ってあります(^^))
MA02

ひっくり返すと…
網戸を押さえるゴムをはめる溝が掘ってあるのがわかります。
MA03

網を溝に押し込んだゴムで留めて完成!
MA05

ちなみに、網の貼り替えがしにくいだろうからと、
少しでも貼替の回数が減るように、
耐久性のあるステンレス製網を使ったのは夫のアイデア♪

(我が家の網戸をペット対策でステンレスにしたときの余りが
ちょうど足りたのでした。

「これなら左右にちゃんと引けるやろ(^o^)丿」「ほんまや♪」
出来栄えに満足する夫と私でしたが、
さて、この網戸をいったいおいくらで納入したらよいものか…
上に大きな庇があるとはいえ、木製で日差し、風雨に当たることを考えると、
どのくらいの期間保つかもわかりません。

お客様としては、"木を四角く組んで編みを巻き、窓に釘打ちするだけ"
なので、そう値段はかからないと思っていらっしゃるはず。

ステンレスの網や枠のSPF材は在庫で間に合ったので、材料費という
ほどは必要ないのですが、枠を組み、細かく溝を掘り、塗装で仕上げた
手間、そしてはめ込んでからの調整費を考え、
「5000円で…」と申し上げると、お客様は

「へえ、結構するんやね…」

  「はあ、手作りの一点モノですので…(^_^;)」

海外の工場で大量生産のおかげもあってか、100均ショップなどでなんでも安く
手に入り、"材料費どころか、作る手間賃でるの?輸送費はどうなってるの?"
と、いつも余計な心配をしてしまう私、手作りのものに値段をつける
プレッシャーをしみじみ感じるのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/628-cbb009a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック