3つの床段差をうまくつなげるには…

ここでは、「3つの床段差をうまくつなげるには…」 に関する記事を紹介しています。
さて、久しぶりのブログ更新になってしまいました。
では、さっそく本題です。

とある店舗付き住宅を部分改装させて頂きました。
まず、リフォーム前。

一戸建ての玄関から店舗スペースを見たところです。
K30

店舗といっても、もともとは教室として使われていた室内。
今回はオーナーさんが変わり、"売り場"として使いたいため、
玄関からひとめで中が見渡せるように、正面の壁を撤去
することとなりました。

さて、室内から見たのがこちらです。



K11
(ちょっと、玄関が見えないかな…!?)

この壁は、玄関側からは下駄箱、
K13

室内側からは、棚、
K12

となっており、上手にスペースを活用されていました。

まずは、この壁と横のドア、柱を撤去します。
(柱をとったあとの補強についてはこの記事では省略(^^))

まずは上のほうから、収納類、壁、ドアを撤去します。
K14
(天井から落ちかけているのは、収納部分の天井だったところです)

そして、下駄箱だったところを…
K15

とってしまいます。
K16

(ややこしいのですが、上の写真では
 手前に三角…台形かな…の踏み台を置いています。
 これは、土間と床の段差が大きいために、
 リフォーム前まで仮に使っていたものです。
 (木製で、夫の手作り♪))

さて、ここで問題です。

写真右側の床は玄関の廊下、正面の床は室内の床、
ということになりますが、もともと、室内の床は廊下より
一段下がっていました。

今回、壁を撤去したので出入り口が大きく左に拡張するわけですが、
その前の部分の床、写真ではブロックから向こう、土間が見えている
ところですね、ここの床の高さを廊下と室内、
どちらに合わせたらよいのか、ということです。

この部分はもともと下駄箱があった部分で、奥行きは45cmあるか
ないかぐらい。ここを室内と同じ高さにすると、入り口の手前、
左と右で床の高さが変わることになってしまいます。

そこで、廊下の高さと同じにするとなると、
今度は、その45cmのすぐ向こうはすぐにまた段差、ということになり、
毎日歩くことになる店舗スタッフはもとより、初めて訪れる
お客様にも大変危険なものになってしまいます。

かといって、この45cmの部分をそれなりに、(80cm以上は
欲しいですよね)拡張すると、今度は土間が狭くなり、
段差解消のための踏み台を置くスペースがなくなってしまいます。

そこで!

三人寄れば文殊の知恵。
私達とオーナーさんご一家で、ベストな形をご相談の上、
大胆な(^^)床段差解消法が定まりました。

(究極の案はオーナーさんのお嬢さんでした♪)

つまり、こうです。
現状の廊下の床を、新しい入口に向かって、斜めに落とす!
K17

そこに、式台といったらよいでしょうか、室内と土間のちょうど半分の床を
新しく造ります。
K19

これで、室内へは土間から一段上がるだけ、廊下へ出られる時は、
式台(新しい床部分)をまたいで廊下に出ていただく、
ということになりました。

さて、ここからの施工が少々複雑ですが、だんだん形に
なっていきます。
元の上がり框は撤去し、新しい廊下の床の形にあわせて
框を取り付けます。
K24

正面の床には、見切り材を取り付けます。
K25

新しく作った式台部分に床材を貼って仕上げます。
K27

反対側からみたところ。
K26

床の段差関係の施工が済んだら、壁や収納を撤去した部分を
補修します。(夫の腕の見せどころ♪)

下駄箱が埋め込まれていた部分を…
K20

解体した壁から外した同材を利用してこのように。
K21

さて、では全体のビフォーアフター写真です。

玄関側のビフォー。
K30

アフター。
手前のタイル貼りポーチの拡張や、手すり取り付けも今回の工事。
K29
(おお、中がよく見える!)


室内側のビフォー。
K11

アフター。
K28
(なんだか、さらに広くなった感じ!)

さて、自分の記録のためもあり、文章力のせいもあり、
普段から長い長い私の記事、ここまで読んで下さった方、
どうもありがとうございます。

次の記事では、反対側の入口のリフォームについてです。
引きつづき、どうぞよろしくお願いします。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/630-f603accb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック