賛否両論、さて自分はどちら?

ここでは、「賛否両論、さて自分はどちら?」 に関する記事を紹介しています。
いきなりですが、こちらの本のご紹介です。


普段から書店に行った時は、ビジネス本コーナーを覗いてみるようにしています。
直接リフォームの仕事に関係のない、別の業種の本でも、思わぬヒントをもらう
こともありますし、マーケティングや営業方法などは、共通のポイントが
あったりします。仕事の効率化、IT機器の事務活用の本などもたくさん出ています。

さて、そんな中で、もうひと月以上前でしょうか、ふと目に飛び込んできた
背見出しが、この本でした。

目についたのが"スーパーフリーエージエント"という言葉だったか、
【21世紀型ビジネスの成功条件】という副題だったかは覚えていませんが、
本棚から抜いて表紙を見た時に、本の帯に写った著者の写真が印象的でした。
(上の写真では著者の方の写真の載った帯がついていないのが残念?です)

というのも、


著者の与沢翼さんという方、生年月日から30歳の方のようですが、
少々童顔でいらっしゃるのか、帯にある"月に1億円稼ぐ男"のフレーズからは
想像のつきにくい印象の方だったのです。

(すでにテレビへ何度も出演していらっしゃる方のようで、
 知る人ぞ知るのでしょうが…)

そこで興味を持った私は、目次にざっと目を通してみると、
その90項目くらいある中から、次々と刺激的な見出しが出てきます。

 ・月収10~20万円の小学生時代
 ・中1で覚醒した商売人の血
 ・17歳で現金700万円の貯金
 ・9か月の猛勉強で早稲田大学へ
 ・垣間見た、年商100億の世界
 ・月4億売った舞台裏~連続性を作る~

スーパーフリーエージエントとやらの内容はともかく、
この与沢さんという方の経歴にとても興味が湧いた私は、
迷わずレジに向かったのでした。

Amazonでは、賞賛者あり、こき下ろす方あり、賛否両論の本書ですが、
波瀾万丈の日々を語りかけるように綴ってある内容、そして著者のいう
成功マインド、未来感など想像以上に興味深いものでした。

ただ、正直なところ、やはり"スーパーフリーエージェントスタイル"という
仕事のスタイルには興味は持てませんでした。

著者は、このスタイルにあう6つの条件を満たすビジネスについて、
ネットワークビジネスをはじめ、何点か挙げていらっしゃいます。

しかし、例えば、ノウハウを教える類の情報商材をネットワーク販売して
大きく利益を出せるのは、いつでも先に始めた人ばかりで、
後追いする者は小出しされるノウハウを追い続けるか、
自分が利益を上げる頃には情報が行き渡り目減りしてしまう、
という気がします。

(いっとき注目された「せどり」も、その一種でしょうか…)

こうした"スーパーフリーエージェントスタイル"自体は抜きにしても、
私にとっては、読み応えがあり、刺激を与えてくれる本でした。

それにしても、本や映画、商品や人物でも、賛否両論というのは、
私にとっては興味をそそられるものです。

「私だったら、いったいどっちの感想を持つんだろう?」

本を手に取る前に、Amazonのレビューなどに目を通してみるのも
いろいろな方の捉え方がわかって面白いかもしれません。



さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ





 
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
投資、ビジネス、とても参考になります。
せどりもネットワークビジネスもひとつの投資ですね。
先の10年をいくらで買うかという感じでしょうか。
2013/01/16(水) 15:58 | URL | 三紀彦 #/nXzWpGo[ 編集]
コメントありがとうございます。
他業種から学ぶビジネスアイデア面白いですよね。
自分の仕事にアレンジして活用できるかどうかがポイントですが(^_^;)
2013/01/17(木) 22:56 | URL | iegasuki(tanegasuki) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/635-49616184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック