我が家の助っ人ホスクリーン!

ここでは、「我が家の助っ人ホスクリーン!」 に関する記事を紹介しています。
夫は職人、妻はリフォームプランナー(…と現場雑用係(^^))の我が家。
少し長めの工事が続くと家事にしわ寄せが来ます。

我が家は夫婦だけなので、夕食はありあわせで済ませたり、
現場の最寄りのスーパーでタイムセールのお惣菜を買って帰ったりと、
とくに困ることはありません。(無性に煮物が食べたくなる以外は^^;)

掃除も、現場ではそれなりに活躍する私も、自宅は
もともとこまめな掃除をしていないので、仕事を言い訳にスルー。

そんな中、一番私達を悩ませるのが洗濯です。

夏はまだ夜に干しても(ごめんなさいね、実家のお義母様、こんなヨメで)
すぐに乾くのでなんとかなりますが、梅雨の日々や冬場はそうもいきません。
梅雨の折、「あんたたち、着てる服から、生乾きのニオイがするよ…」と
母に指摘されたことも…

そんな我が家の強い味方がこちら。


川口技研さんの『ホスクリーン』

このように天井に取り付けた丸いベースに輪っかのついたポールをワンタッチで装着。
2本の間に物干し竿を通したり、1本ずつピンチを吊り下げたりできるのですね。
(使わないときはポールは外せますが、我が家は基本つけっぱなし^^;)
hc

我が家では、写真のように室内干しに備えて換気扇も取り付け、
急ぐときはファンヒーターで部屋を暖めつつ、水蒸気はどんどん換気扇で排出、
という作戦をとっています。

以前、結婚を控えた同業の友人が、リフォームの参考にと我が家を訪れたときも、
「これはマネしたい!」と大絶賛でした。

ここのところ、ホスクリーン一組では干しきれなくなった我が家、
今回、同じ部屋にもう一組取り付けることにしました。
これで、長期の現場も大丈夫!天気が悪くて少々洗濯物がたまっても、
一気に干せるというものです。

このホスクリーン、ホームセンターなどでも店頭に置いてあるようですが、
天井の下地や取り付け場所によっては、強度不足になることもあるかと思います。

洗濯物ごと落ちてくると、お子さんなど危ないので、ホームページ上の注意事項や
施工説明書をご確認の上、ご利用ください。
(リフォーム店などに頼んでも取り付けてもらえると思います。)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/643-34fc349d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック