超細長~いドア!?

ここでは、「超細長~いドア!?」 に関する記事を紹介しています。
おや、このドア、えらく細長すぎない?
レバーハンドルと鍵までついているけど…

NK04

実は、このドア、


市販のラティスを加工したドアの一部なのでした。

完成写真がこちら。
NK05

もともと、このドアの設置場所には勝手口がついていたのですが、
今回はバリアフリー対策を施す必要があり、
このような"バリアアリー(^^;)"の通路を
NK01

ウッドデッキでゆるやかに勝手口まで結び、
(デッキの右端のラインを見ると、
 勾配になっているのがわかりますね♪)
NK06

勝手口ドアの開口の有効を1000㎜確保することになりました。
NK02

当初はラティスを利用して簡易なドアを作ろうとしたところ、
開口の有効幅が1000mm必要、とのことで、ラティスの両サイドに
2×4材、2×3材を取り付け縦框とすることに。

幅の広い2×4材のほうにレバーハンドルと鍵を仕込んだのでした。
NK03

こうすることで、将来ラティスが風雨で傷んできても、
ラティスだけを取り換えやすいというメリットもできました。

なお、市販のラティスでは、格子と枠の固定が甘いものがあるので、
今回は中央に幕板を渡し補強しています。
(格子から手を入れて鍵を回すのを防ぐ効果も)

この勝手口アイデア、我が家の愛猫脱走防止にも使えそう♪
作るときはいろいろ頭を悩ませましたが、
(写真の左壁には釘やねじを打ってはいけなかったため、
 柱の建て方に工夫をしたり(^^;))
よいお仕事をちょうだいしました。ありがとうございました。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ






関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/652-e816350d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック