思わぬところでチラシが活躍

ここでは、「思わぬところでチラシが活躍」 に関する記事を紹介しています。
私たちは、基本的に夫婦二人のリフォーム部隊(^^)。
多能工の夫とプランナーの私のコンビで、
ちょっとしたことならすべてお任せいただけるというのが"売り"です。
(もちろん、工事の規模に合わせて夫の職人仲間も大集結!)

そんなわけで、地元のお客様へご案内するチラシも、
そういったお手軽感を前面にアピールしています。
(※過去記事『チラシ作りに挑戦』ご参照)

チラシはレイアウトから文やイラスト入力、印刷会社へのオンライン入稿まで
すべて自分でするので、チラシを出させていただくのは3~4か月に一度のペース。

面白いことに、


「今日はチラシが折り込まれる日だわ♪」とソワソワしている当日から
しばらくは反響なしで、次のチラシのアイデアをそろそろ考えないと…、
というころにひょっこりお電話をいただくことがあります。

それに、「何度かチラシは見てたんだけど、『今度こそ!』と思って
 電話したのよ(^^;)」と言ってくださる方も目立ちます。

リフォームのチラシって、食料品や日用品と違い、その場で、
必要じゃなければ目につかないでしょうし、「ああ、そういえば」と
リフォームや修理のことを思い立っても、急ぎでなければ
「そのうち電話してみよう…」と先送りになるのかもしれませんね。

中には、チラシを折り込んでいない地域のお客様から引き合いがあり、
「どこでウチのチラシを見はったんですか?」とお訊ねすると、
「会社の営業所がそちらにあってね。そこの新聞に入ってたのを見せてもらって」
ということもありました。

実は昨日も、「チラシを見た」とお電話があり下見に伺ったのですが、
前回のチラシ折り込みからかなり日があいていたので、
「前のチラシ、とっておいてくださったんですね(^^)」と
申し上げると、

「それが、物持ちのいい方がいらしてね。
 よく行く喫茶店のママに『どこに頼んでいいのか困ってる』って
 言ったら、おたくのチラシのコピーをくれたの」

それを伺った私たちはびっくり。

"チラシのコピー!?"

帰宅後に、夫と、

『チラシをとっておいてくれてるだけでもうれしいのに、
 人に聞かれてそれを渡してあげる、っていうのじゃなくて、
 わざわざコピーされたってことは、ご自分の手元にも
 置いておきたいと思ってくださってるってことだよね(^^)』
 
そこでふと、思いついた私。

「ねえ、ウチのチラシ、vol.1から毎回ナンバー入れてあるんだけど、
 全部持ってはるお客様に何かプレゼントするってどうやろう?」

   「うん、面白いし、僕らの感謝の気持ちを表したいもんな。
    そんな方、いてはるかなあ…」

「どうやろうね~(^^;)」

さて、そちらのプランはまた考えるとして、そろそろ次のチラシの原稿を
作らなくてはならないころです。「チラシ見たんだけど…」のお電話が
一本でも多くいただけるように、がんばって原稿作ります!


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/655-44a61b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック