吊戸棚のプチリフォーム

ここでは、「吊戸棚のプチリフォーム」 に関する記事を紹介しています。
先日のヘアサロンの内装工事のつづきです。

シャンプー台そばにつける、タオル収納用の吊戸棚ですが、
キッチンに使うような一般的な吊戸棚だと、奥行きが深すぎるということで、
洗面所用の吊戸棚を探してみました。

そこで、TOTOの『座・ドレッサー』というシリーズの
LYR450RNAという吊戸棚を発見。
(化粧台右側の上の棚です)
TOTO
(※画像クリックで拡大)
これなら、奥行きが22cm(外寸)で、幅が45cmあるので、
タオルを横向き二列に収納できます。

ただ、問題は、色が白しかないこと。
今回は、扉の表面と戸棚の側面に、木目の化粧フィルム
ダイノックフィルム等ですね)を
貼ることにしました。

扉の木口の形状によっては、フィルムで覆うことが難しい場合や、
かえって不具合が生じる場合があるので、どんな扉にでも
貼る、というわけにはいきませんが、今回の扉形状はバッチリ。

貼る前が、こちら。


D01

扉の木口にプライマーを塗ってから、慎重にフィルムを伸ばし…
D02

このように、シックな木目に貼り上がりました。
D03

吊り戸棚の下に見えている"丸"は、もちろん
D04

タオルを取り出すための穴です。
直径は約12cmにしています。

さて、次回は、サロンに取り付けた後の写真を
アップさせていただきたいと思います。

【追記】
取り付けて参りました~
L11 L11


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/665-2b550f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック