工事ではなく、販売がしたいの?

ここでは、「工事ではなく、販売がしたいの?」 に関する記事を紹介しています。
最近、私たちのホームページや、このブログを見たと思われる
"業者さん"からの電話営業が増えています。

例えば、

 ①「私ども、いろいろな地域で住宅リフォームを展開しているのですが、
   そちらの地区の工事を担当されませんか?」

 ②「御社の顧客にわが社の○△□を紹介して頂き、私どもの顧客には
   リフォームのご案内をすることで、双方の受注増につなげませんか?」

 ③「リフォームの成約率を上げるサイトを作りませんか?」 などです。

私のブログを多少突っ込んで読んでいただいていれば、
①のようなお誘いはありえません(^^;)

というのは、


私は、「リフォーム工事の丸投げ」や「ブローカー的営業」が嫌いだからです。

 (過去の記事ご参照)
  「いっそ丸投げしてくれたほうが…!?」
  「何をしなかったら"丸投げ"になるの?」
  「下見は誰がするの?」
  「下見に一人で行ったなら」

リフォーム業者さんが、職人さんや工務店さん、設備業者さんにこのように
協力業者としての提案を持ちかけるのはいいと思います。
あくまで、自社が設計や施工計画の主体になり、施工者を探すというなら…

ただ、夫婦二人が中心という小規模ながら、いちおう「リフォーム店」を
標榜している私たちを"地域の担当"に誘われるってことは、
なんだかとっても"丸投げ臭"がするのです(^^;)

そこで、①に関しては、「自分たちの仕事で手一杯です。
ありがとうございます~」とやんわりと辞退。

②なども、お互いの顧客に、相手の商品(工事)をアピールして、
受注増をと言われても、私たちの規模的に余計な仕事だけが増えそうで、
こちらもていねいに辞退。
(在庫持たされたり、その商品のセールスにライセンス料が要るのでは…
 とか、疑いも持ってしまい(^^;)) 

③に関しては、「私たちのホームページやブログは、これで
集客というより、チラシを見てくださったり、紹介いただいたお客様への
自己紹介、リフォームに対する考え方を知っていただくためのツールと
割り切っています」と、こちらも強気の(^^;)辞退。
(他にも、同業他社さんとの情報交換の場だったりもしますが♪)

こちらも、集客率アップと持ちかけられますが、こうして自分で
作ったサイトを持っているのに、その上"作れ"とおっしゃるということは、
サイト作成料や、集客サイトへの登録料が目的なのかな、と。

あと他に、「ブログを拝見し、リフォームの特集を組むので、
御社の取材をさせていただきたいのですが」とか、「リフォームのサイトの
専門相談員になり、集客につなげませんか」という案内もたまにありますが、
こちらも取材や登録に費用ありきです。

それにしても、このごろは、ホームセンターはもとより、
家電店や家具屋さんまで、さかんに「リフォーム」を
アピールされるようになりましたね。

CMやチラシを見ていると、工事が主体のリフォームでなく、
商品販売が主体のリフォームのような印象を持ってしまいます。

商品販売といえば、ネットでもアウトレットや、激安を謳った
建材や設備商品の販売店があります。

こちらも、自社で施工チームを持っている業者さんもあれば、
施工は前もって集めた登録業者さん、というところもあるようです。

私たちのような、零細リフォーム店だから電話営業をして来られるのか、
工事業者は集客に困っているのだろうと暗黙の了解があるのか、
いろいろなお誘いをいただくのですが、やはり私たちは「プラン&工事」こそが、
リフォーム業の主力商品と肝に銘じ、がんばりたいと思います。

ところで、先日、「壁面に造り付けのコルクボードと状差し」のご依頼がありました。

このように小さなお仕事でも、「リフォーム屋」としては、暮らしの楽しみが
増えるきっかけになって欲しい、市販のものなら安く手に入るであろうものを、
せっかくオーダー頂いたのだからと、こだわって考えてみました。
G01

お納めするのはGW明けてからになりますが、またお披露目させていただきます。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ







関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/667-867a2189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック