玄関ポーチの使い勝手がアップ♪

ここでは、「玄関ポーチの使い勝手がアップ♪」 に関する記事を紹介しています。
今週は、エクステリア工事です。
梅雨ながら、お天気に恵まれ、滞りなく完了しました。

ビフォーがこちら。※各画像はクリックで拡大します。
HF01

玄関ポーチの前に、バイクを置きたいのだが、今の庇ではちょっと足りないので、
雨除けとなるテラス屋根が欲しい、とお客様。

さらに、この場所には、このままではバイクを置きにくい、
もうひとつの理由がありました。

それは、


この、犬走りと周りの地面との微妙な段差です。
HF02

バイクをこちらに向けて置こうとすると、スタンドが"犬走り"に立つこととなり、
その段差のせいでバイクが反対側に倒れそうに。

そこで、犬走りの横もモルタルを盛って平らにすることになりました。

まずは、テラス屋根のほうを施工します。
今回は、目隠しが必要とのことで、LIXILのフリーヤードをご提案。
柱を立て、フレームを組んでいきます。
HF04

屋根に波板を貼ったら、いよいよ犬走り横の段差解消です。
犬走りに鉄筋を打ち込み、ワイヤーメッシュをセットします。
バイクを置く部分にも鉄筋を配置。番線で固定します。
HF05

手前は、道路とポーチをつなぐ階段を撤去し、モルタルでスロープ状に
カタチを造ったところ。

そして、完成。
先に目隠し部分の波板を貼ってしまうと、左官作業がしにくいので、
今回は、最後に取り付けました。
HF09

玄関前、反対側から見たところ。
う~ん、いい感じ♪
ブロンズ系のポりカーボネート波板は、つや消し仕上げで、明るさは
取り入れつつ、目隠しになっています。
HF08

ポーチが広くなり、これならバイクも置きやすそうです。

では、アフターを。
HF10

ビフォーはこちらでしたね。
HF01

さて、梅雨の割には雨が少なく、心配なこのごろですが、工事をする
私たちとしては、雨で工期が長引かないかとやきもきしていたところ。
これで、雨が続いてもお客様がバイクを置かれたり、
玄関の出入りなさるのにも便利になってひと安心。

ところで、このフリーヤード、今回のように両サイドがオープンなのが
基本形ですが、ドアや窓をつけたり、連結して、柱の間に棚板をつけたり、
波板の代わりにサイディングを取り付けるタイプもあります。
目的に合わせていろいろなバリエーションが工夫できそうで、おすすめです。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/675-be89329b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック