ierou流ブラインドの洗い方

ここでは、「ierou流ブラインドの洗い方」 に関する記事を紹介しています。
この春、またまた家の模様替えをしています。

我が家は一戸建てで、SOHOスタイル、つまり自宅事務所にしているのですが、
二人暮らしというのがメリットであり、デメリットであります。

というのは、



私と夫の二人とも家にいる時は、なるべく、同じ部屋にいるように
しなくてはならないということです。冷暖房、照明の電気代節約のために。

夫は夕食のあとは、ゆっくりテレビを見ていたい派。
私は夕食のあとは、テレビを見るよりは、本を読んだり、ネットを
見たり(ブログを書いたり)していたい派。

以前は、テレビのあるリビングの隣にある部屋を仕事部屋にして、
夕食後は夫はリビング、私は仕事部屋でくつろぐ…というスタイル
でした。

しかし、一部屋ずつ分かれて使うと電気代や冷暖房費が無駄になるし、
夫婦の団らんがとぼしくなりそう(笑)というので、結局、
リビングに窓の前といわず、壁といわずカタログや資料用の本をぐるりと回し、
仕事用の90×240センチの巨大なカウンターテーブルにパソコンとテレビを
置いて、夫がテレビを見ている横で私もカウンターテーブルで
ごそごそやっているというスタイルになりました。

ただ、やはり、リビングが落ち着かず、本棚による強烈な圧迫感
があるのです。仕事優先とはいえ、このようなインテリアでは
恥ずかしくて友だちも呼びにくい…。

というので、この春ふたたび、リビングと仕事部屋をわけることに
なりました。夫は、夕食後はテレビを見るよりも、趣味のDTM(つまり、パソコンの音楽ソフトで作曲や演奏を楽しむ)
をするように薦めました。

そこで、今は休みのたびに本棚を一台ずつ移動したり、
ファックスを移動したり…。そこで、ふさがれていた窓が
出現したのです。

小さな窓ですが、ブラインドを取り付けており、ほこりが
たかっています。(やっと本題にきました)
そこで、私が「軍手を水で絞って拭いたらいいんかな~」
というと、夫が、

「いや、ブラインドの掃除は、『ブラインドをたたんで洗う』
 のがいちばんやで!」と言うのです。

つまり、ブラインドのひもをひっぱって本体をたたんでブラケット
からはずし、お風呂の残り湯につけたりして「振り洗い」するのだと。

キッチンのそばで油交じりのほこりがついている場合などは、
やはりブラインドのスラット(羽根)を一枚一枚拭く必要が
あるかもしれませんが、ほこりと軽い汚れだけなら、
たたんだまま水の中で振ればほこりはとれるというのです。

「なるほどね~。一枚ずつ羽根を拭こうとしたら折れそうで
 心配だったんだけど、たたんでしまえば、ビラビラしないので
 扱いやすいしね。」

とひとしきり感心すると、得意になって夫が実演してくれました。
(ラッキー♪)

ただ、「本職の洗い屋さんたちは、どう洗ってはるか知らんけど、
まあ、これは俺のやり方やから」とのこと。

汚れ具合によっては、ぜひ、お試しください。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/69-8741bfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック