ウッドデッキは耐久性を考えて②

ここでは、「ウッドデッキは耐久性を考えて②」 に関する記事を紹介しています。
さて、前の記事のつづきです。

ログハウス自体とその周りのウッドデッキの両方の土台として、
一本の桧の角材が"共用"されていたため、ウッドデッキの根太は
元の土台から降ろし、離して取り付けることにしました。

元の土台は防腐剤を塗った上、水切りでカバーをします。

TWD06

既成品の水切りの寸法では合わないので、
亜鉛メッキ鋼板、いわゆるトタンですね、の平板を切って
現場の寸法に合わせて折り曲げました。
こんな感じです。


TWD08

この水切りを土台に取り付けるのですが、ログハウスの外壁に沿って
出隅と入り隅があるので、取り付け方を工夫しなくてはなりません。

水切りはこのように、土台の上に少しだけかぶっていた元の水切り(茶色)の
下から差し込み、入隅は、片側を切れ込みを入れながら張り伸ばし、
TWD09

もう片側をかぶせるようにします。
TWD10

水切りはビス留めで固定、ビス頭や水切りの重なり部分はコーキング材を入れ、
すき間からの水を防ぎます。

土台全体のカバーが出来ました。
TWD11

土台からわずかにすき間を開け、ウッドデッキの根太を置きました。
(基礎のサイズが大きかったので、別に束石などを設けずに済みました。)
これで、デッキの板材のすき間からの水は、水切りの上を流れ落ち、
根太と水切りのすき間から下へ。
もう、土台を腐らせることはなくなることでしょう。
TWD13

では、根太組と手すりの柱建てに続きます(^^)


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/721-13fa5343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック