ウッドデッキは耐久性を考えて④

ここでは、「ウッドデッキは耐久性を考えて④」 に関する記事を紹介しています。
先日来、ウッドデッキにまつわる記事が続いております。
あとは完成写真でしめくくりを…と思っていたのですが、
本日の施工中に気になった部分があったのでご紹介。

2×8材の根太組の上に2×6材を順番に張っていたところ、
ふと夫が手をとめました。

「ここ、どうしよう…」

TWD21

<BR>
見ると、デッキ表面の2×6の縁が、ちょうど根太の真ん中にきています。
このまま次の2×6を張ると、隙間から流れた雨水などが、この根太の上に
溜まってしまうことになるというのです。

デッキの表面材と根太の間に水抜きを作るにはどうすればいいのか…

(根太を部分的に欠く?デッキ表面材の裏に穴を開ける?)

…相談の結果、このようにしました。

2×6の裏側を端から厚み1cm弱、幅3cm弱、切り取りました。
(切り取った跡は、もちろんその場で塗装します(^^))
TWD22

表に返し、根太の上に取り付けたらこの通り。
TWD23

ここから無事に(^^)水が根太の下に落ちてくれることでしょう。

ちょっとしたことですが、少しでもデッキ材が腐る原因を
減らせたらと思い、施工にこだわる夫なのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ





関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/725-14200710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック