タイル壁をキッチンパネル貼り+α

ここでは、「タイル壁をキッチンパネル貼り+α」 に関する記事を紹介しています。
さて、前回に引き続き同じ現場の工事より、
キッチンのタイル壁にキッチンパネルを上貼りした
ビフォーアフターのご紹介です。

まず、ビフォー
YK01

現状お使いの流し台は、シックな感じのグリーンの扉が素敵で、
奥様が長年使われているとおしゃるにしては、
まだ流し台自体を取り替えるにはもったいないほど綺麗です。

そこで今回、タイルの壁をお手入れの面からパネル貼りにされたい、
とのことで、アイカ工業のセラールを上から直貼りさせて頂きました。

今回のポイントは、


パネルの割り付けです。

今回は、30cmほど奥行きのある棚を兼ねたタイル貼りの出窓、そして、
流し台と段差になったコンロ台の上や、レンジフードと壁とのすき間も
すべてパネルを貼りたいというご希望がありました。
YK02

材料を無駄なく使うために、いつものようにCADを使って割り付けを検討します。
結果、パネルの枚数は、約90cm×240cmのものが4枚必要と判明。

また、今回は、お客様とのご相談で、ガスコックをいったん外し、
パネル貼り後元に戻すといった、ガス工事に伴う費用を節約(^^)、
ガスコックの周りからパネルを貼り込み、なおかつ、
そのための目地は少なくする、といった割り付け上の工夫をしました。

そこで、このように、コックのところでイナズマ状に
パネルを貼り分けることにしました。
YK08

パネルを貼ったら、ジョイント(目地)部分にコーキングを打つため、
マスキングテープを貼っていきます。
YK03

YK04

こうしてみると、出窓との境、サッシ周りなど、
コーキングする場所が結構ありますね。
時間もかかるので、工程を考えるときも慎重に…(^^)

では、アフターです。
YK05

う~ん♪パネルが白になり、扉のグリーンが映えます。
キッチンごと入れ替えたみたい(^^)
YK06

改めてビフォーと比べて見ると…
YK01

おや?
アフターでは、パネル以外に一箇所、変化したところが。

というのは、キッチンパネルを貼り終え、
これで完了!…となるところで、お客様から
「ちょっと、待った~!」がかかりました。

いえいえ、クレームではありません。

レンジフードが高くて使いにくいのだけど、
もう少し下げて取り付けられないか?
とのことでした。

今回は、フード周りにもパネルを貼るために、いったん外して
再度取り付けたのですが、実は私も
『このお宅、レンジフードえらい高いとこに付いてるなあ、
 奥様の背がお高いかなあ!?』とふと気にはなっていたのです。

レンジフードは数年前に取り替えたとのことだったので、
高さも合っているものと思い込み、
あえてお客様にお尋ねしませんでしたが、
せっかくなので、お聞きすればよかったですね(^_^;)

そこで、レンジフードをご希望の高さに取り付け直し、
天井とフードの幕板の間が空いてしまった部分は、
後日、下地を造りキッチンパネルを貼ってふさぎました。
YK07

さて、さらにこちらの現場の記事は続きます…

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/739-66ec91ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック