住まいのダイエットは身体のダイエットよりラク

ここでは、「住まいのダイエットは身体のダイエットよりラク」 に関する記事を紹介しています。
私は、リフォームという仕事がら、いろいろなお宅へ伺いますが、
お客様との会話でよく出るのが「断捨離」という言葉です。

出し入れしやすいクロゼットやスペースに合わせた造作家具を提案するのは得意でも、
具体的な収納方法やモノの選別・整理などは専門外の私。
お客様と一緒に、「わかっちゃいるけど、なかなか難しいですよね~(^_^;)」と
苦笑いする日々でした。

そんな中、ふと、ベストセラーになって久しい、収納カウンセラー飯田久恵さんの
著書を知りました。
『捨てる!快適生活』


さっそく読みだすと、はじめの方に、

"このように、私は家の中の余計なモノを「住まいのぜい肉」と名づけました。
 ただ、うれしいことに、住まいのぜい肉をとるほうが体のぜい肉を
 落とすよりよほどラクです。住まいは、意識を変えれば早く改善できるからです。"

とありました。 なるほど!…身体のダイエットは今努力していることの
効果が見えるまでに少々時間がかかりますが、住まいのダイエット(モノの処分)は、
実行即効果です。すぐに結果が目に見えます。

さて、がぜんやる気になった私は、本を読み進めながら、
さっそく大胆なダイエットを実行しました。
なんと、



お気に入りだったワイングラス、いただきもので箱ごととってあったカトラリーセット、
そして、おせち料理用の重箱や未使用のハーブティ専用ポットをキッチンの
吊り戸棚から引っ張り出し、処分することに決めたのです。
JD01

ワイングラスはデザインが好みで、手にとって眺めていると
見飽きないほど気に入っていましたが、ガラスが薄く割れやすそうなので、
「特別な時」用とし、普段ワインを飲むことがあっても、
普通のグラスを使うため、しまいっぱなしになっていたものです。

リビングにこういったグラスを飾るためのキャビネットでもあるならともかく、
何年もテーブルに出さないまましまっておくのでは、場所の無駄。
かといって、人にあげたり、リサイクルショップに出すというほど新品でもありません。
そこで、今回はキッパリと思い切って処分することにしました。

このワイングラスに比べたら、未使用のカトラリーセット(ナイフ・フォーク・スプーン
のセット)二箱や、今では手作りするチャンスのないおせち料理用の重箱を
処分する決断をするのは簡単なことです。

そして、このように思い切って「ぜい肉」を処分していくと、吊り戸棚はスカスカに。
JD02

JD03

「う~ん、目に見えて片付いていくなぁ♪」

こうなると、止まりません。
シンクの前の出窓カウンターの上も、「見せる収納」でいっぱいだったのを、
つるりと一掃。
前から気になっていた"ふきんと炊事手袋"用にぴったりのラックを
100均で見つけ、ここに置くことにしました。
JD05

JD06

前は、吊り戸棚の下にふきんかけをセットし、そこに炊事手袋も
干していたので、リビングから丸見えなのが気になっていたのでした。
JD04

こうして余分なモノが減っていくと、ギュウギュウ詰めや、前後にピチピチに
入れていた時に比べ、確かに、出し入れもラクですし、見た目も快適です。

本の中では、他にも、まさに私にとっても耳の痛い指摘(^_^;)があり、

"並んでいる本を見るたびに、読破したという満足感を得られるのがうれしい"

なるほど、いくら読書好きとはいえ、本がなかなか捨てられないのは、
心のどこかにある、「私、これだけ本を読んだのよ~」という達成感?を
ひと目で感じられるからなのかと気づきました。

上のように意識したおかげで、捨てる(中古書店に出す)前に、本を一旦並べ、
ずらり並んだ背見出しを写真に撮っておく。すると、気持ちの上で本が手放しやすく、
万が一「あの本、もう一度読みたいな、なんていう題名だったっけ?」という時にも、
確認することができるな、という安心感が持てました。

他にも、今回は、とくに思い切って捨てられたものがあります。
"親兄弟や友人にもらったけどあまり使っていないもの。好みでないもの"の
処分です。

(一回は使ったり、着たりして義理は果たしている…
 そうだ、服ならシミをつけちゃった、とか汚しちゃった、
 食器なら欠けちゃったと割り切ることにすればいい。
 使わないまま、それを見るたびに後ろめたい気分になるより、
 下さった方の気持ちに感謝して処分することにしよう!)

今までそれなりに「整理収納」「断捨離」の本を読んだつもりでしたが、
今回は、飯田さんの文章の説得力によって大いに背中を押され、
実際にいろいろなモノを処分することができました。

ここで、本の中から私がとくに背中を押されたポイントを引用してみようかな、
と思いましたが、多すぎるのと(^_^;)、やはり、順を追って本を読むうちに、
自然に自分の気持ちに入ってくるほうが効果があると思うので、やめておきます。

飯田久恵さんの本はたくさん出ているようですが、数冊買ってみた私のおすすめは、
上の本の他には、こちらです。

[出し入れ]楽チン!クイック収納術 (PHPビジュアル実用BOOKS)
飯田 久恵
PHP研究所
売り上げランキング: 48,191

"ホットプレートや卓上コンロはテーブル近くに収納"
"ウォークインクロゼットは本当に便利?" (これは、私も以前にブログで書いたことが(^_^;))
"薬の箱を活用する"
などなど、盲点ともいえるポイントが満載です。

"「捨てる!」快適生活"の巻末にも載っていますが、
飯田久恵さんの提唱している考え方に、「収納指数」というものがあります。

 「収納指数」=歩数+動作数(アクション数)

つまり、収納する場所までの歩数や、扉を開ける、引出しを開ける、
収納ケースのフタを開ける、などの動作数の総合計が
いかに少なくなるように収納場所や方法をプランするかというものです。

これは、私もリフォームのプランでクロゼットや造作家具を造る時に
普段から意識していることですが、システムキッチンや、洗面化粧台の
入れ替えの時にも、収納されるモノをお客様とご相談の上、
しっかりプランに活用したいと思います。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/766-96bcdbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック