トイレのドアの表面だけをプチリフォーム

ここでは、「トイレのドアの表面だけをプチリフォーム」 に関する記事を紹介しています。
さて、前回の記事につづき、同じ現場での、トイレドアのプチリフォームです。

トイレのドア、よく見ると下のほうが湿気か何かのせいで黒ずんでいます。
OD07

そこで、この表面に樹脂のシート(ダイノック、リアテックと呼ばれる商品)を貼ります。

まずは、ドアノブを外し、


OD06
(あら、ドアノブを外す前の写真だわ…)

シートを貼らない、ドアの縁の部分にマスキングテープを貼ってから、
全体にプライマーを塗布。乾いたらシートの裏面の紙をはがしつつ、
専用のヘラを使って貼り伸ばしていきます。
OD15

木目が変わったの、わかりますでしょうか?
後は、明かり窓の枠やドアの縁にそって、シートを綺麗にカットします。
OD16

そして、元の場所に吊り込み、丁番を調整して建て付けを直して完成!
OD09

元のドアと比べてみましょう…
OD05

今回のように、表面の傷みだけでなく、ドアが一部凹んだり、穴が空いている場合でも、
下のようにパテを施した上でシートを貼りかえ、表面を綺麗にすることができます。
下の二点は、別の現場の写真ですが、合わせてアップしておきます(^^)
KD01

木目も少しモダンになり、すっかりトイレドアのイメージが変わりました♪
KD02


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/772-14d1bba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック