店舗のお座敷を掘り座卓にリフォーム

ここでは、「店舗のお座敷を掘り座卓にリフォーム」 に関する記事を紹介しています。
先日、居酒屋さんの座敷の床板をくり抜き、「掘り座卓」のスタイルにする、
というリフォーム工事に伺いました。

元の床面はこちらです。
BZ02

では、順に工事の流れをご紹介します。
まずは、床板だけをめくります。


開口する範囲を墨出しし…
BZ01

床板をめくると、床板を支える"根太"、そして、
根太を支えている"大引"がでてきます。
BZ03

大引きを撤去すると、そのままでは、根太が下がってしまうので、
新しい大引きを開口部の先端に設置します。
BZ04

開口予定のちょうど半分のあたりで、
土間のすぐ上に給水、給湯配管が通っていますが、
これは、オーナーさんとのご相談の結果、
配管を迂回させるなどの工事はせず、
コンパネで箱形に包んで床材を貼るということに。
BZ05

さて、残り半分の床板をめくろうと、丸鋸を手にした夫が、
ふと、土間に立っていた職人さんに、
「この床下にも何か配管とか通ってないかな?」

そして、職人さんが土間にかがんで床下を覗いてみた結果、
なんと、床板のすぐ下にガス管が通されているのを発見しました。
(下の写真は、そうとわかって慎重に床板のみを切断したところ…(^_^;))
BZ07

このガス管、根太と根太の間に隠れていたので、
ちょっと覗いたくらいでは見落としそうな場所だったのですが、
確認してくれた職人さん、普段から注意深く、目の届く方だったので
本当に助かりました。

もし、見落としてうっかり切断していたら、ガス管とノコギリの派の接触で
火花でも出たら爆発したのではとヒヤリ…
(実は、この日の夜、九州の方でプロパンガスのガス漏れとかで、
 爆発があったとのニュースを見て、更に怖い思いを…)

とにかく、無事にガス管は無傷で床板のみ撤去することができ、
ガス管は迂回してもらうようガス屋さんに来てもらいました。

「こんな床板のすぐ下にガス管通すのって、"あり"なんですか?
 住宅ならともかく、このような店舗だと改装工事や解体も
 つきものでしょうに、気付かずに丸鋸で切ってしまったら…」と
 ガス屋さんに聞いてみると、

このような通し方には特に規定はなく、現場によっては、
ほとんど下地が組み上がってから"ガス管を通してくれ"
と言われ、微妙な位置関係よりもどうにか管を通す方を優先することも、
といったニュアンスのお答えでした。
ただ、最近は曲げやすいフレキ管も使われているので、
後からの施工だからといって、このような場所を通さなくても
済むことが多い、とのことでした。

さて、配管の問題が解決したら、あとは、大引きを設置し、
コンパネで掘り座卓の下地をつくり、床材を貼ります。
BZ08

テーブルの脚を載せるための框も取付け、下地が完成。
BZ10

仕上げの床材はパンチカーペットです。
冬はこの上にオーナーさんがホットカーペットを敷かれるそうです。
BZ11

ちなみに、座卓は従来お使いのものを引き続き使われるので、
サイズがまちまちの座卓の脚に板を履かせ、(固定し)
スライドさせられるようにしました。
(下の写真は、その板を框と同じ色に塗装しているところ)
BZ14

BZ13

さて、掘り座卓が完成です。
今回のリフォームは、お店の常連さんが楽しみにしていらっしゃると
オーナーさんからお聞きしていましたが、オーナーさんアイデアの
背もたれを兼ねた飾り柱ともども、常連さんのご感想を
ぜひ伺いたいと思います(^^)
BZ12


また、今回は、杉板を使い、壁一面のボトルキープ用の棚を作らせて頂きました。
この棚には、後ほどオーナーさん秘蔵の(?)木製の欄間を
取付けられるご予定とのことで、営業がはじまり、地酒などの銘酒が並んだ
欄間で風情の増したディスプレイを見せて頂くのが楽しみです。
(オーナーさんであるマスター自らの、店内のディスプレイや造作、
 和と洋のレトロ感がバランスよくミックスしててとっても素敵なのです)
BZ09

こちらの居酒屋さんには、今まで何回も工事でお世話になりながら、
なかなかゆっくりお酒をいただくチャンスが無かったのですが、
来年こそ仕事でなく「飲み会」でお伺い出来るよう、
年内の仕事を乗り切ろうと思います♪

ちなみに…こちらの居酒屋さんは、
兵庫県川西市中央町の『凡蔵』さんです。
詳しくは、ぐるなびのリンクをご参照ください。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/12/17(水) 18:46 | | #[ 編集]
当媒体をご覧いただき、有難うございます。
せっかくですが、今回はご辞退申し上げます。
今後も少しでも有用な情報をご提供できるよう頑張ります。
どうも有難うございました。
2014/12/17(水) 21:59 | URL | 運営者 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/792-d6f023c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック