糸面大好き

ここでは、「糸面大好き」 に関する記事を紹介しています。
「糸面」…糸麺…播州手延べ素麺「揖保の糸」のような細い麺!?

ではありません。

建築用語で、糸面とは、柱や板などの「角」を削って「面」をつくる
ことをいいます。
糸面というと、だいたい2~3㎜くらいの面にします。
これより大きくはっきりと面をとるのが、「大面取り」です。

いつも、私はリフォームで大工さんに木で棚板を作ったり、飾り柱を
作ってもらうときは、寸法どおり切ったままにせずに、糸面をとって
もらいます。

というのは、




電動工具で木を切断するせいかどうか、切り口(断面が)鋭利で
手や身体が触れたときに、怪我をしないかと気になるからです。

棚板でなくても、ちょっとした加工のとき、
例えば、押入れの中段などで壁沿いに取り付けられている「雑巾ずり」
と呼ばれる1cm角材なども、柱の出隅(出っ張った角)があれば、
少し、かんながけをしてもらいます。

お客様が雑巾がけをするときに、もし手に当たったら痛いだろうな、
と想像するからです。

私が、設計事務所にいたころは、そこの先生の好みか、一般的に
そうなのかはわかりませんが、設計の方は、シャープなライン、
つまり、「直線や、直角がびしっと決まる」ことにこだわりを
もたれるんだなあ、という印象がありました。

もちろん、柱と床は垂直(直角)に、また、壁同士も垂直(直角)
に接合されていないといけないので、設計者としては当然の
意識なのですが、それ以上に、家具のデザインなどにも
「こだわり」を感じるのです。

例えば、テレビ番組の「大改造ビフォーアフター」を見ていると、
「なんということでしょう~」な造作家具やワンタッチで
出したりしまえたりするベッドなど、とにかく「角が直角」なものが
多いように思うのです。

私はテレビを見ながら、
「ベッドの角があんなに鋭かったら、向こうずねに当たったら
 痛いやろうな~」とか、すぐ想像してしまいます。
ダイニングテーブルなども、四隅が直角だったら、配膳のときや
席につくときに、腰を打たないかなぁと。

まあ、実際には、ちゃんと近くで見るとそのあたりの配慮は
されているのかもしれませんが、とにかく

「設計者は鋭角がお好き」

という先入観が私にはありまして。

ところで、先日、ふと気が付きました。
我が家のシステムキッチンの引き出しの幕板の角が「鋭利」なことに…。

横着な私は、食洗機から食器や調理器具をしまうときに、
すぐ横の引き出しをあけっぱなしにしたまま、出し入れすることが
あるのですが、そのときに、幕板の角で手首から腕のあたりを
結構ひっかいていたのです。

untitled20080418 002.jpg
(画像クリックで大きく表示)

この写真ではわかりにくいのですが、引き出しの板の「裏側の」角が、
ぴしっと直角でとがっているのですね。

製品的には、引き出しの正面と同じ面材を板の断面(木口)にも
使って揃えてて、見た目も統一感があって、素晴らしい施工精度
なのです。

でも、この板の表面のシートが硬くて薄いために、板の四方から
貼って突き付けると、鋭利な角になってしまうのでしょう。
かといって、表面のシートを厚くすると、今度はシートの切り口
(木口)が見えてしまって不細工だ、ということになります。

(私が、リフォーム工事で、無垢でない化粧材を加工するときは、
 『見た目より安全性優先!』といって、大工さんに、
 表面のシートの接合部を「糸面」とったり、かんながけで
 「かすかに丸く」してもらってます)

以前にも、母に付き合って家具店で食器棚を買ったときに、
扉や引き出しの板の角がとがっていて危ないな~と思ったことが
ありました。

最近は、引き出しにレールがついていて、ピュー!とでて
きたり、しまったりするので、よけい怖いときがあるのです。
でも「無垢」の板でない場合は加工が難しいのでしょうね。

(食器棚を選ぶときには、必ず扉や引き出しを開けて、
 扉や引き出しの板の「裏側の」角をチェックですよ!)

ただ、板の側面だけ、プラスチックや樹脂の素材で製作したものも
あって、見た目の統一感やグレード感は劣るものの、
小さなお子さんや、ご年配の方がいらっしゃる場合は、あえて、
そういった商品を選んでお勧めするのもいいなあと思います。

我が家にはネコが二匹いて、私はブラッシングやシャンプーのときなど、
ちょくちょく手や腕にひっかきキズをつけられるので、
いつのまにか増えたり減ったりしていて、
あまり気にしていなかったのですが、今回、キッチンのせいで
つけてたキズもあったのに気が付き、ちょっとびっくりしたのでした。

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ
関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
きめこまやかな イエローさんの仕事ぶり、、、それが職人魂ですよね。
これからもお互いに頑張ろうね。 
2008/04/18(金) 14:05 | URL | コスモス 酒井です #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/81-e3d276f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック