物干し金具の取替に盲点が

ここでは、「物干し金具の取替に盲点が」 に関する記事を紹介しています。
先日、ベランダ屋根の波板貼替工事を承りました。
お客様が、物干し金具が壊れてきたので、ついでに取り替えたい、とのことで
「お安い御用です(^^)♪」と私。

元の物干し金具はこのような珍しい形です。
YB01

ベランダの幅が4m近くあったので、「物干し金具が両端だけだと
竿がたわみませんか?」と、金具を三箇所取り付けることをご提案。

「ただ、シーツなど幅のあるものを干される時は間に金具があると邪魔かも
しれませんが…」とお聞きすると、
「ベランダの手すりの外側にも竿が掛けられるので、大丈夫」と奥様。

そこで、波板張替えの工事当日、物干し金具を夫に取付けてもらったのですが、

「おい!二箇所しか取付けられへんで~」と夫。

なんと、



新しい物干し金具が、ベランダ屋根の支柱とぶつる形になるので、
取り付けられないというのです。

「これだと竿もたくさんかけられるし、支えも二本で丈夫だから」と
選んでいた物干し金具ですが、
YB03


こちらのお客様宅のベランダ屋根は台形をしており、
ベランダの右側は支柱と外壁の間が狭くなっています。
YB07


そのため、ベランダ屋根の右側の支柱上の垂木に取り付けようとすると、
竿をかける部分(左右の出っ張り)が
支柱に干渉してしまうことが判明したのです。

あら?では、元の金具はどうなっていたの?
YB02

わかりにくいので、拡大
YB05

つまり、元の物干し金具は、ベランダ屋根の"垂木"の側面に取り付けて
あったのですが、今回お持ちした金具は、垂木の底面に
取り付けるタイプだったのです。

ベランダ屋根の垂木に取り付ける物干し金具は、
底面に取り付けるタイプが多いので、盲点でした。

そこで、
ベランダと窓の位置関係はこのようになっていることもあり、
YB07

おそらく、通常出入りされるのは窓の左側であろうと、
ベランダ屋根の垂木4本のうち、左端と右から二本目の垂木のみに
物干し金具をつけることにしました。

ところが、「窓の右からちょっとタオル干したりするのに
物干しの右端もよく使うのよね…(^_^;)」と奥様。

「!!!…そうか、右側はベランダが狭くなっているから
 干しにくいのでは、と思ったけど、むしろ部屋から出ずに
 ちょっと手を伸ばせば竿に届くから、便利なんだ…(^_^;)」 (私)

そうなると、例えば、長い竿を右側だけ少し突き出してセットした場合、
左側の長い部分にも洗濯物が掛けてあれば大丈夫ですが、
窓の右側の正面だけに洗濯物を干すと、竿がテコの原理で
ひっくり返る恐れがあります。

そこで、いろいろ思案した結果、せっかくならお揃いの金物の方が
良いだろうと、右端の垂木の側面にアルミ角材を足し、
その角材の底面に同じ金物を取り付けることにしました。

ここで夫が私に追い打ちを。

「お前がこだわって選んだこの形、もうひとつの方に
 しておけば、竿がひっくり返るのは防げたけどな…(^_^;)」

というのも、下の写真のような、竿掛け部分が輪になっている
ものもあったからです。
YB06
(写真はタカラ産業さんのサイトより引用)

このような輪っかのタイプだと、両端とその間の3箇所に
物干し金具を取り付けた場合、竿をかけたり外したりする時に、
真ん中の金具の輪まで竿の先を持ってこなくてはならないので、
竿を通すのが不便だろうと思ったのですね。
(両端二箇所だけ取り付けるなら、ちょっとずらせば竿が
 外せるので便利なのですが)

というわけで、物干し金具の取り付けひとつにも、
思わぬ盲点があった(^_^;)というエピソードなのでした。

(取り付け方の他にも、伸縮するかどうかとか、
 吊り下げるバーの長さとかベランダ枠材と同じ色が
 あるかなど、いろいろ選ぶ条件があります(^^)。

 …ちなみに、本田金属工業さんの「NS竿掛け」という商品は、
 垂木の側面に取り付けられるタイプのようです。)

それにしても、台形の敷地や屋根って、
つくづく頭を切り替えて対処しなくてはいけませんね。
過去の例も含め、とっても勉強になります(^^)

参考過去記事
 『台形のテラス屋根ができました


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/811-15776f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック