"たすくま"って、どんなクマ?

ここでは、「"たすくま"って、どんなクマ?」 に関する記事を紹介しています。
先日来、インターネット上で目にして気になっていた『たすくま』。
このクマさんの正体は、iPhone用の"タスクシュート"タイプの
タスク管理アプリでした。

そもそもタスクシュート!?…この言葉自体がわからないぞ…の私でしたが、
簡単に言うと"タスク"とは、こなすべき仕事(用事、やること)で
シュートとは、ゴミを入れるダストシュートのシュートから来ているのだそうです。
(ダンクシュートのシュートもそうかな(^^)…用事をぽいぽい片づけていく感じ?)

そして、同名の専用ソフト、『TaskChute2』が開発されています。
もともと、このソフトの開発者さんがタスクシュートという概念を編み出されたようですが、
その背景が素晴らしい。仕事への取組み姿勢が違うというか…賢い人は違うというか…(^^)
詳しくは、ぜひ、『TaskChute2』サイトをご参照ください。

とにかく、このタスクシュートというソフトが、もともと知る人ぞ知る人気ソフトで、
去年、パソコンを立ち上げなくてもiPhoneで操作できる『たすくま』が
リリースされたことで、(ソフトの作者さんは別の方です)
さらにタスク管理が身近になったようです。

ネットでレビューを読んでいるうちに、私にもフツフツと興味が湧いていました。
(iPhone持っているし)そして、一週間ほど迷った結果、とうとうアプリを購入。
使い始めて、ひとまず三日経ちました。
その感想は、驚くべきものでした。
 
「これすごい…」


結論を先に申しますと、「買ってよかった♪」

私の感じたメリットは、次のようなところです。

★常にリストが表示されているので「次何しよう」と迷ったり、
  なんとなく用事を先延ばしにしてだらだらしている時間が減る。

★スタートと終了が記録されるので、時間を計っているような気分になり、
  他のことに目移りせずテキパキ用事が済ませられる。(単純作業的なものは)

★タスクはひとつひとつ項目を登録するので、
 一度にひとつずつ、用事に集中してこなせるようになる。

★時間や用事に追われるのではなく、むしろ時間や用事を追う感覚。
 やらなくちゃいけないことばかり…という無意識の圧迫感から、
 どんどんこなしていくぞ…という意識的な緊張感に変わる感じ。

★用事がゲーム感覚でクリアされていく。
 タスクがゲームでいう"クエスト"で、時間が"ライフ"みたいな(^^;)感じ。

このように、たったの三日ながら、予想外の使い心地でした。
たすくま」は、パソコンなどと同じで、とっても高機能ながら、
使う人によって、目的を絞った使い方が自由です。
(パソコンでも、メールとネット検索だけできればいい人、写真の管理が
 できればいい人、年賀状印刷だけでいい人、それぞれですよね(^^))

本来は、「たすくま」はおそらく「タスクマネージメント」の頭文字から来たもので、
タスクをリストアップし、それら一つ一つに要する時間を見積もり積算することで、
タスクの数や優先順位を見直したり、タスクの完了時間や余った時間を見積もったり
するもののようです。

でも、そこまでの管理が必要なくても、用事のチェックリスト代わりに使ったり、
逆に、その日いつ何を何時にしていたかを後から振り返ることに使ったりと、
柔軟な使い方ができるのですね。日記や行動記録代わりといいますか。


ここで、操作画面をご覧ください。

私の実際のタスクは少々恥ずかしい(^^;)ので、
たすくま』サイトから画面の例を引用します。
tasukuma

「"ぽちの散歩、身支度、朝食…" タスクというより、日常の動作というか、
生活の一部やん。 もっと、仕事のリストとか課題みたいなのを想像してた。
こんなのいちいち入れて時間を管理するなんて、めんどくさそう。
それに、なんか、時間に追われるような、アプリに人が使われるような感じ…」

始めは私もそう思いました。
ところが、実際に使ってみると、実は主婦の方、会社に属さない自営業の方、
SOHOでのワーカーの人などに、向いているのではないかと思いました。
(組織内で受ける時間の制約より、自己管理する時間のウェイトが大きい方)

というのも、私は自営業で、SOHO…SmallOfficeHomeOffideスタイルの主婦。
工事で一日外出する日は、お客様とのアポや工事予定の時間が
はっきり決まっていますから、それをベースに行動できるのですが、
外出しない日は、ついデスクワークやパソコン作業をしすぎて
家事が後回しになったり、(とくに掃除や洗濯(^^;))
逆に、家事デーと称し、朝からたまった家事をこなしているうちに、
大事な発注や割り込んできた見積もり作成が夕方になってしまったりします。

一日のするべきこと(タスク)をリストアップしておくと、
迷うことなく「次にこれ済ませよう」ときびきびと動作を切り替えることが
できるのです。

人って、頭の中に「やらなくちゃいけないこと」を抱えていると、
無意識にストレスや圧迫感をもったりするそうです。
そういったものを頭の片隅にキープしておくのではなく、
メモに書き出すようにすれば、「忘れないように覚えておかなきゃ」という
ストレスがまず減り、心身がすっきりする、というのを
聞いたことがあります。

たすくま」がまさにそう。
家にいると、「掃除しなきゃ、郵便局行かなきゃ、今日は何ゴミの日だっけ…」など、
用事がどんどん頭の中に湧いてきます。
メモにとるほどのことじゃないかな、というくらい日常的な
いろいろと頭に詰まっている用事こそ、すべてリスト化、流れ化すると、
それを見ながらたんたんとこなしていく、というのが気持ち良いのです。

「それでも、いちいちそんな用事を入力するのは、面倒くさそう…」

それが、「たすくま」では、用事を入力するのは、初日の登録で
おおかたOK.。入力するときに、「リピートする」を選んでおくと、
翌日から自動的にリストに上がってくれるのです。
(曜日を選んでリストにあげさせるのも可能♪)

だから、私の場合も、初日は、iPhone片手に、
「今から皿洗い」「犬の散歩行くか~」「洗濯もの取り込まなきゃ」
それらの動作をする直前に、ちょこちょこ用事を登録。
その日の夜、寝る前に翌日のタスクの「作成」をクリックすると、
同じ用事のリストがちゃんと出来上がっているのです。
次の日はそれを開けば、また順番にこなしていくだけ。

リストはその場その場で追加したり、削除したり、
もちろん、順番を変えたり、割り込んだりもできるので、
「トイレ掃除」とか、「洗面ボウルちょこっと磨く」とか、
忙しいと忘れてしまいがちなことも、気が付いた時に
どんどん登録しておけば、翌日にちゃんとでてきます。

たすくま」の他の方のレビューを見ていると、
"用事を習慣化するのにいい"と書いている方がいらっしゃいました。

例えば、体重計に乗る、爪を切る、腹筋を10回する、など
つい忘れてしまうけど、メモして壁に貼っておくほどでもないかな、
的な用事。これがリストに上がってくると、「ああ、そうそう…」と
忘れずにできちゃうのです。
(猫のトイレマットの交換とか、換気扇の掃除とか、定期的に
 やりたいけど忘れちゃう用事も登録すると便利!)

そういえば、昨日もこんな効果がありました。

実は、見積書とかに押す認印が見当たらなくなったのです。
5分10分探しても見つからない。そこで、途中で
「探し物」というタスクを登録し、「スタート」。
やっと見つかった時に「完了」を押して、かかった時間を見ると、約30分。

探し物に30分も使ってたのか~もったいない。
そこで、今回、認印が見当たらなくなった原因を解決しようと思いました。
原因は、書類に押す認印と、宅配便が届くときの認印の共用です。

我が家は商品や材料の荷受けもあり、しょっちゅう荷物が届くのですが、
荷物の受け取り後、認印をポケットに入れてしまっていたり、
荷物と一緒にへんな場所に無意識に置いてしまったりで
今までにもちょこちょこ探す、ということが多かったのですね。
そこで、認印をもうひとつ買って、机の他に玄関にも置いておこうと(^^;)
これで、つまらないことに時間をロスすることが減るなあという
気づきがありました。

あと、面倒くさいな~と思って後回ししがちだった用事が、
「へえ、意外と5分しかかかってないんだ…じゃあ、さっさと片付けた方が
 気が楽だわ(^^;)」と思えたり。

いろいろと大絶賛の私ですが、ひとつご注意を。
たぶん、とっても几帳面、生真面目の方、完璧主義の方には向かないかもしれません。
というのも、実際かかった時間と記録するときのタイム誤差が気持ち悪くなったり、
一日の用事を際限なく細かく登録したくなる衝動にかられるかもしれないから。

すると、用事をスムーズにこなすための「たすくま」が、かえって
「たすくまに正確にすべてを登録する」という用事を増やしてしまいかねません(^^;)。

私は、好きなこと、必要なことだけは結構マメで、
嫌いなことや無駄と思うことはかなりおおざっぱ、
な性分です。
タスクが完了してから「さっきこれやったの忘れてた、いちおう登録しとこう、3分くらいだったかな?」
とさかのぼり登録をしたり、「このタスク、無視しちゃえ!えいっ」と気まぐれ削除が平気です。
このように割り切れるタイプなら、忙しいときや時間のある時に合わせて、
使い分けができるのではないでしょうか。

そうそう、『たすくま』では、このようなタスクを登録していくと、
「サマリー」といって、それらのタスクにかかった時間を集計し、
円グラフにしてくれます。

すると、「家事に〇時間」「書類整理に〇時間」「ネットに〇時間」
「ゲームに〇時間」…といった、バランスがひとめでわかるのです。

まだ、三日目ながら、サマリーを出してみると、私の発見は、
「思ったより家事をしている時間って多いな」
「農場の世話の時間減らした方がいいかな」 でした。

…農場の世話?仕事って、リフォーム工事じゃないの?…

実は、農場の世話というのは、「ヘイ・デイ」というゲームアプリのことで、
畑で作物を作り、家畜を育て、その乳や卵でいろいろなものを作って生活する、
みたいな癒し系アプリのことです。

女子高生の姪もこのアプリをやっているので、「農場に出る時は帽子かぶっていきや~」
とか、「羊毛余ってたら売ってくれヘン?」などと、夜中にラインでやりとりを楽しんだり
しています。 これも、時間を意識すると、罪悪感なしに適度に楽しめますね(^^;)

ということで、もし、ここまで読まれた方で(お疲れ様です)興味を持たれた方は、
『はれ ときどき くもりZ』さんのこちらの記事がおすすめです。
"初心者でも気楽にはじめられるタスク管理。たすくまのリピート機能を活用しよう"
操作の流れがわかりやすく書いてあるので、アプリがイメージしやすいです。

さて、一週間後はわたしの「たすくまライフ」はどうなっていることやら…
また(ちゃんと続いていたら(^^;))記事をアップしたいと思います。

(…おっと、ここで"ブログ更新"タスクの「終了」をクリックしてみると…
 時間かけすぎ(^^;)もっと文章絞って短い記事にしなくちゃ)

さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ




関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/812-ab033c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック