カーポート屋根の波板プチリフォーム

ここでは、「カーポート屋根の波板プチリフォーム」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ
先日、カーポート屋根の波板貼替をさせて頂きました。

ビフォーはこちら。
KT05

元の波板は塩ビ製で日差しや雹?のせいか、穴が開いたり
大きく破れたりしており、今回は耐久性の高いポリカーボネイト製の波板を
おすすめしました。

よく見ると、母屋の軒先にかけて、


波板が継ぎ足してあります。
お客様によると、前回の貼り替えの際、業者さんが母屋に桟を取り付け、
貼ってくれたとのことですが、波板の留められている桟までのスパンが長いので、
少したわんできています。
KT09

こちらもせっかくなので、しっかりしたフレームを組んでからの
波板の貼替をご提案しました。

塗装した角材でフレームを組み、母屋の外壁に固定、
風の強い日にフレームが揺れてカーポートの軒先に影響がでにくいよう、
フレームを下から支える方杖も取り付けました。
KT03

波板を貼って完成。
波板延長部分との一体感がでてすっきりとしました。
KT04

今回は、スチール物置のトタンの波板もポリカーボネイトの波板に
張り替えることとなり、
KT01

波板を受ける桟のピッチが広く、元の波板がたわんでいたので…、
(↓内側から見あげた写真)
KT02

受け桟を追加し、ポリカーボネイトの波板を貼りました。
物置の中がとても明るくなりました。
(こちらのお客様は、物置の中に日差しの影響のあるものを
 収納されないので良いのですが、中に入れるものによっては
 トタンの方が良いことも(^^))
KT07

物置の屋根越しに見える木の緑がいい感じで、
ご覧になった奥様は、
「今度から中でお茶でもしようかしら♪」と
おどけてくださったのでした(^^;)

このところ、梅雨の影響か、このような波板の貼替、
ウッドデッキ関連の補修やメンテナンスのご相談が重なっています。 
お天気が微妙な時期ですが、ウッドデッキは
傷みが進んでしまう前の早めのお手入れが大事ですね。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/829-5f275eda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。