『良い製品は儲からない』…では、良い工事は?

ここでは、「『良い製品は儲からない』…では、良い工事は?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ
前回の記事でも触れましたが、リフォームの仕事をしていると、
材料や施工の"経年変化"を目にする機会が多く、とても勉強になります。

そういった経験をどんどん次の仕事、次の現場へ活かすべく、
リフォーム専業で足繁く現場に通っている私たち夫婦ですが、時には
「これは、造るときにもうちょっとどうにかできたのでは…」
という事例にぶつかることがあります。

先日もこんなことがありました。
下の写真のサンルームの欄間(ランマ)のパネル、
ゴムパッキンが垂れ下がってしまっていますが、
修理に来た職人さん、一目見るなり
「ゴムが傷んで伸びてしまったんでは無いな、これ。」
実際にパネルをはずしてみると判明したのは、パネルのサイズ違いでした。
KS01

パネルが枠よりも一回り小さかったため、パッキンがもともと
ゆるかったのでしょう、もう少し放置していたら風で飛んだり、
サンルーム内に落下していたかもしれません。
(こういうの、メーカーがセットで加工して出荷してるんじゃないの?
 と思わずつっこみたくなりますが、昔は現場サイドで用意して
 はめていたことがあったそうです。)


なにも業者さんの悪意だとか、手抜きだというわけではなく、
予算や、工期など、諸条件でやむをえず、の場合もあると思いますが、
このような例を見ると、それを教訓にしようと思い、
帰宅後に夫とあれこれ話し合うことにしています。

そんな時、夫が言うには、



「結局、商品でもプランでも長く使えるようにこだわって造ると、
 修理だとか造り直しに呼ばれるまで長くかかるわけやん。
 あまり耐久性のこと深く考えずに作っている業者のほうが、 
 次の仕事が早く来るってことはないやろか。

 かえって、長持ちするようにって材料も選んで、構造も施工も工夫して
 それこそ長いこと使えたから、アフターやら造り替えやらで
 次に声がかかるのが遅くなるっていうか…(^^;)

 まあ、「傷んできた」とか「やり直し」の必要があるから
 俺らにも仕事が回ってくるんやし、俺らがした工事だって、
 他の業者さんがフォローしてくれていることもあるやろうけど。」

「ほんまやね。 私たちは、お客様から直接仕事を請け負う立場やから、
 誰が計画した、選んだ、工事したっていうのを、良いところも悪いところも
 直接お客様に知ってもらえて、お客様からの感想もダイレクトに
 聞ける
から、自然と自分たちが造らせてもらったものに愛着がわくよね。

 でも、下請けどころか孫請けとかで現場入って、営業担当と職人がお互い名前も
 知らんような、顔もわからんような関係で入っていたら、
 しかも、予算や工期で追い立てられるような仕事していたら、
 自分で施工したものへの愛着とか責任感とかは薄くなるかもね…(^^;)」

そして、こんな時、ふと私が思い出すのが、数年前に読んだブログの記事です。

Kazumoto Iguchi's blog の中の記事より

『銀行は救済、メーカーは見殺し。低品質が栄え、高品質が滅ぶ。なぜだ!?』

上の記事より引用させていただきます。

★ここからが引用内容↓

まあ、簡単に一言で言えば、「良い製品は儲からない」ということである。言い換えれば、「良い製品を作る企業は悪い製品を作る企業と競争で負ける」ということである。

洗濯機がまったく壊れず20年持つという洗濯機メーカーと、5年ごとに自ら半導体が崩壊して壊れる洗濯機メーカーとを比べると、前者は20年で1台しか売れないが、後者は4台売ることになる。4倍の収益となる。

これをよしというのが現代経済学者の御馬鹿な思考である。

しかし我々物理学者から見れば、前者の企業は地球資源を後者の1/4しか消費しない製品を作り、人類に貢献した企業ということになるはずである。

地球に4倍やさしい企業は1/4の収益しか上げられない。地球に10倍やさしい企業は1/10の収益しか上げられない。地球に100倍やさしい企業は1/100の収益しか上げることはできない。

これでは困る。地球に良い方がいい収益を上げるべきであろう。言い方を戻せば、100倍の超寿命の高品質の製品を作ることのできる企業は100倍の収益を上げるべきだろう。しかし現代の経済学ではそういうことは問題にもしないし、問題にもできない。

どうやればこの問題を解決できるのだろうか?
これが私が個人的にかなり前から気になっている問題なのである。

良い製品を作る企業(つまり、超寿命の製品を作る企業)の方が早く破綻するのである。粗悪な100円ショップが隆盛し、高品質の10000円ショップは100円ショップの1/100の寿命しかない。これでは困る。

1つのアイデアは、

★↑ここまでが引用内容

この引用部分の前後は、ぜひブログ記事の本文をご覧いただくとして、
建築やリフォーム工事に置き換えて考えると、
長く使えるようなプラン、材料を選んで施工すれば、
それだけ余計な資材や資源を使わずに済む、
お客様の家計にも優しく、地球にも優しいということですね。

ただ、同時に、以前にとある自動車販売の営業さんがおっしゃったことにも
考えさせられます。

 「"車の寿命"はお客様が決めるんです。
  修理すれば、ある程度は使い続けられますから。
  技術的には30年の耐久性をもった車だって作れるんですよ。
  ただ、30年、同じ車に乗りたいと思われますか?」

確かに、ライフスタイルや好みという問題では、
たとえ新築時に何の不満もないプラン、施工をしたところで、
どこかライフスタイルに合わせてリフォームしたくなるところがでてくることでしょう。
環境に適応するのも人間だし、環境に飽き、欲がでるのも人間、といいますか…。

でも、やっぱり、次の仕事になるまでの期間が長くなろうとも、
長持ちするプラン、施工にこだわりたいと思う私たちなのでした。


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/831-6e64b49e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。