ウッドデッキ造作から2年目のメンテナンス

ここでは、「ウッドデッキ造作から2年目のメンテナンス」 に関する記事を紹介しています。
このところ、ウッドデッキ関連の記事が続きますが(^^;)、
今回もウッドデッキのメンテナンスの様子です。

こちらのデッキは二年前の秋に造らせていただいたもの。
完成当時の写真です。
(広いのでこれくらい引いて撮らないと全体が…)
TWDB

私たちは、ウッドデッキを施工させて頂いたお客様には、
初回の塗り替えは点検を兼ねてサービスとさせて頂いているので、
事前にお電話でお客様にデッキの状態をお尋ねしてみると、
「まだ、いいかなと思うけど、見てもらって必要なら…」とのことでした。

では点検だけでも、ということで伺ってみると、



床板はこのような感じ。
TDA01

とくに目立った傷みはないのですが、(表面にビス穴がないのでつるつる♪)
こちらのデッキは周囲に影になるような
建物がないので、日や雨にさらされることが多いのでしょう、
塗膜ははげてきています。

いっぽう庇が深くかかっているところは、やはり塗膜の状態がいいようです。
TDA02

また、ウッドデッキを造った時の私のアイデア
"コーキングによるビス穴のフタ"も、変成シリコンを使っているためか、
カピカピにならず、いい感じにビス穴を雨水などから守ってくれているようです。
(手すりの支柱の丸いポツポツがフタです)
TDA04

こちらは母屋のログハウスをセカンドハウスとしてのご利用になっており、
普段の出入りが少ないためか、汚れや傷などがほとんどないのですが、
梅雨の雨にさらされる前に木材保護塗料を塗っておくことになりました。

塗装していくと、やはり全然表面が違いますね。
(塗り立ては色が濃いので余計にですが(^^))
TDA03

塗装ついでに、フェンスのドア(ワンちゃんの転落防止(^^))
が重みで少し下がっていたので、蝶番を調整しました。
TDA05


まだ、二年目ですが、塗り替えると造った時を思い出し、
夫は「今日造ったみたいにきれいになったな♪」と、ご満悦。
自分が手塩にかけて?造ったデッキが愛おしくてたまらないのは、
プランニングした私も同じです(^^)

完成時に"初回の塗り替えはサービス"と申し上げ、年賀状などで、
『今年そろそろいかがですか?』とお便りしても、
タイミングがずれると、「もう塗り替えましたよ~♪」とおっしゃるお客様も。
施工例が増えるほど、アフターが増え、お客様との再会の機会が増すのも楽しみ。
これからも、ウッドデッキのアフター、追いかけて参ります(^^)/


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ


関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/833-a9744e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック