3階建てスカイデッキのリフォーム②

ここでは、「3階建てスカイデッキのリフォーム②」 に関する記事を紹介しています。
今週から入らせて頂いている、スカイデッキのリフォーム。
台風で塗装に入れなかったのですが、昨日は青空。
鉄骨下地のケレン作業がはじまりました。
YD12

職人さん三人がかりで、古い塗膜やサビを削ったりやすったりして落としていきます。
YD13

ここで、塗装の親方から一言、




「この鉄骨、デッキを直接置いていた面は、仕上げ塗装がされてないね…
 他のところは塗ってあるけど。 デッキ張ってから全体を塗装したのかなぁ。」

ということは、防錆塗装済の鉄骨を組み立てたあと、
先に木製のデッキ材や手すりを取り付け、
最後に鉄骨の仕上げ塗装をしたというわけで、
デッキや手すりで隠れたところは、錆止め塗装のまま…(^^;)

ただでさえ、鉄骨に直接デッキ材を密着して並べてあって水はけが悪く
サビにつながりやすいのに、錆止め塗料ぬっただけで、施工してあったとは…。
YD03

ともかく、今回は、せっかくデッキ材、手すりを全撤去、総入れ替えなので、
鉄骨部分のケレンしっかり、防錆塗装、仕上げ塗装もしっかり。
プラス、鉄骨にデッキ材を密着させずに、根太材を間に入れることで、
今度は水はけを重視した施工の予定です。

根太をかませることで、水はけだけでなく、デッキを受ける間隔が
元の鉄骨だけの時より短かくなるので、デッキ床が傷んできても前より安心。
また、デッキ材の向きが変わり、短くなるので、デッキ材の継ぎ目も減らせます。
これから少しでも、耐久性が伸びてくれますように(^^)。

根太のイメージ…転び止めなどは図示省略(^^)
YS15

デッキ材仕上げのイメージ…手すりの図示省略(^^)
YS16

下から見たイメージ。
YS17


ケレン作業は午後からもつづき、一階ポーチには、たくさんのサビや塗膜が。
YD14

そして、今日は、錆止め塗装です。
デッキ材の塗装は、夫の方で着々と準備。
午後から、鉄骨の仕上げの色とのバランス確認のために
現場に持参します。
仕上がりのイメージがよりリアルになり、楽しみです(^^)
YD11


さて、今日の記事は…
クリック(応援)お願いします!

人気ブログランキングへ

関連記事

ブログパーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://reformdaisuki.blog107.fc2.com/tb.php/856-7f44b246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック